現実化する日中戦争!中国軍による尖閣諸島軍事制圧計画を米軍将校暴露  

オバマ「チベットは中国の一部。台湾の独立も支持しない」

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1415853472/-100



≪2014年11月12日、中国新聞網によると、米国のオバマ大統領は台湾とチベットの独立を支持しないという立場を表明した。



12日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とオバマ大統領が北京の人民大会堂で会談を行った。

会談では米中関係や国際・地域の問題について意見交換が行われたという。



その中でオバマ大統領は「米国は国際社会の平和、繁栄、安定に、中国がより大きな力を発揮することを歓迎し、支持する。これは米国の利益とも合致する」とし、米国のアジア重視政策が「中国を包囲するためのものではない」と強調した。



報道は、オバマ大統領が「台湾の問題における米国の立場に変化はない。米国は台湾の独立を支持しない。

引き続き、両岸関係を改善することを支持する」とし、さらに「米国はチベットは中華人民共和国の一部と認識しており、チベット独立を支持しない」 と述べたことを伝えている。≫



巷間の意見>>

………………………………

大敗してから媚中を隠さなくなったな

………………………………



(T-T)ノ~ 背に腹は替えられず。利権の確保にチャイニーズマネーが必要ということです。

米国様も実は中国や北朝鮮と同じ一党独裁国家。共和党も民主党も日本の自民党に相当します。

要するに派閥争いですが、派閥の求心力は利権だけ。その提供者はユダ金です。

そのユダ金も親族間で骨肉の抗争をしている有様で、ユダ金間の勢力図もころころ替わります。

米国様の政治家はほぼ全員ユダ金をパトロンにしています。

日本の政治家はユダ金の下僕。

この実態が理解できなければ、世界情勢を読むことはできません。



米太平洋艦隊幹部、更迭される=「中国軍は自衛隊を打ち破る任務与えられた」発言で物議―米紙)

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1415913970/



≪2014年11月11日、米軍事専門紙ディフェンス・ニュースによると、今年2月に「中国軍は自衛隊を短期的な激しい戦争で撃破する任務を与えられた」などと発言し物議を醸していた米太平洋艦隊情報部門のジェームズ・ファネル大佐が更迭され、艦隊内の別のポストに異動したという。

13日付で環球時報(電子版)が伝えた。

ファネル氏は今年2月、中国人民解放軍が昨秋に実施した軍事演習は、尖閣諸島などを短期間で奪取することを想定した訓練だったとの分析を公表。「中国軍は東シナ海で自衛隊を短期的な激しい戦闘で打ち破るという新たな任務を与えられた」との発言が、ニューヨーク・タイムズ、ロイター、フィナンシャル・タイムズ、デイリー・テレグラフなどで大きく報じられた。

米太平洋艦隊は7日、「指揮官職でない兵士の異動についてはプライバシーの関係から公表していない。

今回の異動についてもコメントすることはふさわしくない」と声明を発表している。

ファネル氏の更迭を受け、海軍情報関係者の間では動揺が広がっている。2人の消息筋は「情報の取り扱いが不適切だとの理由で更迭された」としている。





情弱の妄想>>

………………………………

このあわてぶりから信憑性高いな。

実はこいつは親日、リークしたんで更迭された。

オバマで本当の親中幹部が幅を利かせるようになったのだろう、

日本も核武装をいつまでも米軍依存しちゃダメ。

………………………………



(T-T)ノ~ どう考えてもこの大佐が親日なわけないだろ。共和党系の工作員なんだよ。政権交代したら返り咲いて出世できる仕組み。



米軍幹部「中国軍は尖閣・沖縄南部を奪取する電撃作戦を訓練中。南シナ海でも近隣国に敵対的な嫌がらせを行っている」[02/20]

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392892279/



≪米太平洋艦隊の情報戦部門を統括するジェームズ・ファネル大佐は、中国人民解放軍が東シナ海で電撃的に日本の自衛隊を打ち破り、沖縄県・尖閣諸島や琉球諸島南部の島しょ群を奪取する作戦を想定し、訓練を行っているとの見方を示した。

米カリフォルニア州で2月13日に開かれたシンポジウムで明らかにした。



大佐はこの中で、昨年秋に人民解放軍が4万人以上を投入して東シナ海で実施した大規模演習「使命行動」に言及。

「人民解放軍は、東シナ海で日本の部隊をせん滅する短期集中戦を遂行できるよう、新たな任務を与えられた。作戦後に予想されるのは尖閣諸島、さらには琉球諸島南部の奪取だ」と警告した。 



また、昨年1月の人民解放軍艦船による海自護衛艦への射撃管制用レーダー照射について、攻撃するにはお互いの距離が近接し過ぎて危険はなかったと中国側が説明していたと指摘した。

大佐は中国側のこの説明について「出任せはやめた方がよい」と批判し、疑問を呈した。



南シナ海での中国当局の活動に関しても「敵対的で、近隣各国に嫌がらせをしている」と非難した。 ≫



情弱馬鹿の妄言>>

………………………………

国防省はまともなんだよな



米って軍事政権のほうがまともな国になるんじゃね?

………………………………



(T-T)ノ~ おまえ、まさか米軍の全権指揮を大統領が掌握していると信じてはいないだろうな?

米軍はユダ金の命令で動くんです。



1月31日の中国軍機の緊急発進、対象は「日本の戦闘機」…「春節(旧正月)にもかかわらず日本が挑発」と主張

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1391356583/



2日付の香港紙、東方日報によると、中国人民解放軍系の学術団体、中国軍事科学学会の羅援副秘書長は、中国軍機が1月31日に緊急発進(スクランブル)をかけた対象は「日本の戦闘機だ」と述べた。詳しい機種は明らかにしていない。



中国国防省は2月1日、1月31日午前に空軍機2機が東シナ海の空域に緊急発進をかけ「外国軍機」を追跡したと発表したが、対象機の国籍には言及しなかった。



羅氏は同紙に対し、1月31日が中国の祝日である春節(旧正月)だったにもかかわらず、日本が戦闘機を派遣して挑発したと主張し、日本を非難した。



巷間の意見>>

………………………………

副秘書長って、どういうw立場でモノを言ってるんだ?

妄想か?

………………………………



(T-T)ノ~ 攪乱要員です。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>





人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
[ 2014/11/14 23:30 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/5978-0b32daad