投資=博打?ユダ金の悪徳金融商品二者択一型の「バイナリーオプション」に騙される馬鹿急増  

二者択一型の金融商品「バイナリーオプション」でトラブル急増 多くの若者がまとめサイトきっかけに始めて資金を失う結果にt

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1418466728/-100



≪外国通貨の相場が高くなるか、低くなるかを二者択一で予想する「バイナリーオプション」 という金融商品に関するトラブルが急増し、全国の消費生活センターには、今年度だけで1000件余りの相談が寄せられていることが分かりました。



そのほとんどは海外の業者を通じて取り引きを行ったケースで、国民生活センターが十分な注意を呼びかけています。



バイナリーオプションは、アメリカドルやユーロなどの外国通貨の相場が、未来の特定の時点で、事前に定められた価格よりも高くなっているか、低くなっているかを二者択一で予想する金融商品です。予想が当たれば決められた金額を受け取ることができ、逆に予想が外れれば投資した額を失うもので、仕組みが単純なことなどから近年、取り引き量が増えています。



ところが、このバイナリーオプションに関するトラブルの相談が最近急増し、全国の消費生活センターには、今年度だけで1000件余りに達しているということです。主な相談の内容は、インターネットで「簡単にもうかる」という情報を見たため何度か取り引きしたところ数十万円を失ったとか、入金した金を引き出したいが業者が出金に応じないなどというものです。



日本国内で「バイナリーオプション」を行う業者は、金融商品取引業の登録が必要ですが、トラブルが起きているのは、ほとんど登録のない海外の業者を通じた取り引きだということです。



こうしたトラブルの相談のおよそ半数は20代の若者から寄せられていて、1人が平均で20万円を失っているということです。



このため、国民生活センターは、バイナリーオプションはリスクの高い取り引きなので内容が理解できなければ安易に始めないことや、登録がない海外の業者を通じた取り引きは絶対に行わないよう、十分な注意を呼びかけています。



国民生活センターの飯田周作さんは「バイナリーオプションは一見、簡単そうに見えても、大変リスクが高い取り引きなので、注意をしてほしい」と話しています。



取材に応じた女性が取り引きを行ったのは、国内では無登録の海外の業者のバイナリーオプションで、10分後の外国通貨の相場が今より高くなるか低くなるかを予想するものでした。



予想が当たれば投資した金額のおよそ1.8倍の額が得られる一方、外れれば投資した額すべてを失う仕組みでした。



国民生活センターによりますと、相談が寄せられている海外の無登録業者を通じた取り引きは、10分後以内の外国通貨の相場を予想させるものがほとんどで、僅か1分先というものも少なくないということです。



また、予想が当たった場合に支払われるのは、投資した金額の1.7倍から2倍であるのに対し、予想が外れた場合には全額を失うケースがほとんどだということです。このため、2度に1度、予想を当てたとしても、投資家の資金は減り、業者側に納まる額が多くなります。



こうした取り引きは投機性の高さが問題視され、国内の業界団体は、去年予想する期間が2時間より短い商品の提供を禁じる自主規制のルールをまとめたほか、金融庁も、業者がこうしたルールを守っているか監督するなど規制を強化しています。



ただ、国民生活センターにトラブルの相談が寄せられている海外の無登録業者は、こうした規制をすり抜けているのが現状です。



こうした業者の日本語のホームページによりますと、会社はカリブ海の「アンギラ」やインド洋の「セーシェル」という国などに存在していることになっていますが、NHKが、このうち1つのサイトに記載された連絡先に電話をかけたところ、つながりませんでした。



国民生活センターによりますと、バイナリーオプションを通じて資金を失った若者たちの多くは、インターネットの「まとめサイト」の書き込みを見て、取り引きを始めていたということです。



「まとめサイト」は、時事や趣味などのテーマごとに、インターネット上にあふれる記事や掲示板の書き込みなどの情報を、気軽に読める形にまとめたもので、最近、若者を中心に盛んに読まれています。



ところが、こうしたサイトの情報には、実際の書き込みをまとめたように装いながら、商品やサービスを宣伝し、最終的には特定の業者のサイトに誘導しているケースもみられます。



たとえば「5分間で20万円ゲットした」などといったタイトルで読者の目を引いたあと、みずから「何それ?」などと自作自演で書き込み、「リスクがない」とか「初心者にも簡単だった」などの宣伝文句を交えつつ、最終的にバイナリーオプションのサイトを紹介するといった具合です。



国民生活センターの飯田周作さんは「一見、単なる体験談の書き込みのようでも、業者のホームページに誘導する広告になっていることもある。消費者には、広告かどうかを見分けづらいが、『バイナリーオプションで簡単にもうかった』などという書き込みは、うのみにしないよう十分、気をつけてほしい」と話しています。≫





巷間の意見>>

………………………………

なんだか凄そうなネーミングだがただの丁半博打である

………………………………



(T-T)ノ~ 寺銭が高いですね。宝くじよりはよほど良心的だけど…。



巷間の意見>>

………………………………

最近はまとめサイトで、いかにも2chの書き込みスレをまとめたかのような

儲け話やってたりするからな

あれ悪質だわ

通報したほうがいいんかね

………………………………



(T-T)ノ~ 本物の2ちゃんスレもイカサマネタが多いから…。



巷間の意見>>

………………………………

FXは投資じゃなくて、ギャンブル、しかも相対取引、相手はプロ。それで勝てるなんて思ってる奴はバカ。

勝ってるとか書いてる書き込みは宣伝、本当に勝ってる奴がいたとしてもネットにわざわざ書く必要もない。



あと、投資用マンションは、業者にとっての投資用マンション、購入者にとっては金を失うだけの物。

投資とか勘違いさせるように宣伝してる。

………………………………



(T-T)ノ~ 金融商品は限りなく詐欺に近いですからね。



巷間の意見>>

………………………………

無職だけど仕事の都合にして期日前投票行ってきたよ

公明と共産しか出てない選挙区だ、つらい二者択一だった

………………………………



(T-T)ノ~ 大阪の選挙区だな。その場合はためらわず共産に投票しろ。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>





人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[ 2014/12/13 23:32 ] 事件簿 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6037-11e718cb