「日本は米の属国じゃない!」TPP交渉怒る甘利大臣!ネット民「いいえ、しっかり属国してます」  



「日本は米の属国じゃない!」TPP交渉怒る甘利大臣、USTRフロマン代表が送ってきた「衆院選

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1419305141/-100



≪第3次安倍晋三内閣が24日、発足する。安倍首相は現内閣の閣僚をそのまま続投させる方針だ。来年2月の大筋合意を目指す環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐり、甘利明TPP担当相と米通商代表部(USTR)のフロマン代表が再び火花を散らすことになる。



貴殿と自民党の大勝おめでとうございます-。甘利氏のもとに19日、1通のメールが届いた。フロマン氏からだった。2人はこれまで日米双方の国益を激しくぶつけ合い、ギリギリの交渉を繰り広げてきた。

「日本はアメリカの属国じゃない!」

自動車分野の協議では、米韓自由貿易協定(FTA)を引き合いに安全基準や環境規制を米国に合わせるよう高圧的に迫るフロマン氏に対し、甘利氏が声を荒らげることがあった。逆にフロマン氏が「本気でまとめる気があるのか!」とすごむ場面も…。



それだけに、交渉が8合目にさしかかった9月下旬の米国での日米閣僚協議、10月下旬のオーストラリアでの12カ国閣僚会合の際、甘利氏は政府関係者らに徹底して箝口令(かんこうれい)を敷いた。交渉を続けているさなか、妥協点はこんなところか…という空気が日本側から少しでも表に出れば、一気に米側に押し込まれてしまうからだった。



ただ、協議を重ねるたび、フロマン氏が「2人で話すから出ていってくれ」と事務方を退席させることが増えた。2人で腹を割った話し合いを続け、フロマン氏は「自分は甘利氏としか交渉しない」と公言するほどになった。頻繁に電話で話をするようにもなった。9月の第2次安倍改造内閣が発足する前には、こんな電話でのやり取りもあった。



フロマン氏「トランジットで成田空港にいる。会えないか?」



甘利氏「なんで俺が成田まで行かないといけないんだ。いま忙しい。しかも9月3日には内閣改造があるんだからね」≫





巷間の意見>>

………………………………

属国だろ・・・

日本がアメリカにスパイ活動されても「もしそういうことがあれば残念だ」で終わらせる大臣とか居たしな

………………………………



(T-T)ノ~ 例によって統一協会・産経のヨタ記事でした。記事をよく読めば、甘利氏は「属国じゃない」なんて啖呵はは一言も発声していません。



巷間の意見>>

………………………………

そもそも日本がアメリカに対して

掛けることの出来る圧力ってなんだよw

………………………………



(T-T)ノ~ あります。一年足らずで首相を交代させちゃうこと。



巷間の意見>>

………………………………

ネトサポ「そうだ!!(スッキリ」



溜飲を下げたネトサポの支援を受けてアメリカ有利なTPPが妥結されるのであった

………………………………



公明の集団的自衛権反対アピールとそっくり。信者が馬鹿だから格好だけしてけば安心

………………………………



(T-T)ノ~ 産経読者は知的レベルが低いですから。



巷間の意見>>

………………………………

自国の首都上空を自由に飛行できない国が属国以外のなんだと言うのか

………………………………



(T-T)ノ~ 横田基地ですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%94%B0%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A0%B4



巷間の意見>>

………………………………

鳩山が言うならまだ分かるけどアメポチ丸出しで沖縄恫喝してる連中が何言ってんだ

………………………………



(T-T)ノ~ 言ってません。産経の作文です。



巷間の意見>>

………………………………

属国じゃない!!

51番めの州だ!!

………………………………



(T-T)ノ~ 州にして貰えるわけないだろ。おまえら英語も話せないくせに。



巷間の意見>>

………………………………

甘利さんの口からTPPの具体的な内容について

大臣としての意見や話を一切聞いたことが無いんですけど・・・

………………………………



(T-T)ノ~ 甘利氏も良く内容を知らないのでは?



巷間の意見>>

………………………………

本気でアメリカの属国状態から脱け出そうとしたのは

民主党政権の鳩山由紀夫首相のみ。

鳩山は、アメリカからの年次改革要望書受け入れシステムそのものを廃止し、

アメリカに全面的に依存して維持する日本の安全保障を見直すために

多国間安全保障さらには日本の自主独立防衛をも見据えて

普天間基地沖縄県外日本国外移設構想をぶち上げた。



鳩山由紀夫という存在、すなわちアメリカの言いなりにならない日本、というのは

アメリカにとっては想定外のまるで理解できない存在。

相手の出方がまるで読めない、理解できない、というのは不安を通り越して恐怖そのもの。

だから、アメリカの新聞は鳩山をルーピー呼ばわりして罵倒し、さらに

アメリカ共和党日本支部(通名・自由民主党w)もその尻馬に乗っかって

鳩山を攻撃しまくったわけだ。

その鳩山をジャップランドの有権者はよってたかって引きずり下ろしたのだから、

もはや日本がアメリカの属国でなくなる時は永遠に訪れないであろう。



しょせんは、下痢便三首相がまたしても年末の靖国神社公式参拝をやらかして

アメリカの顔を引っかいてピンポンダッシュいたずらしてみせるのが精一杯だわ。

………………………………



(T-T)ノ~ 靖国参拝はCIAの命令です。中韓に言いがかりを与えるようわざとやらせているんです。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>





人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[ 2014/12/24 11:46 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6060-93fe1a37