神風原油安さえ反故にし貿易赤字史上最大実質成長率マイナスにした安倍のミス  

貿易赤字史上最大、実質成長率マイナス、コアCPIもゼロに近づく アベノミクスは何が間違っていたのか?

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1419934701/-100



≪2012年末の総選挙で、自民党の安倍晋三総裁が「輪転機をぐるぐる回して日本銀行に無制限にお札を刷ってもらう」と宣言したことが、アベノミクスと呼ばれる経済政策の原点だった。彼によれば、日銀がお札を刷れば日本経済は「デフレ脱却」し、経済は一挙に回復するはずだった。



それから2年たち、日本経済は改善したのだろうか。11月のコアCPI(生鮮食品を除く消費者物価指数)上昇率は0.7%と10月より0.2%下がり、日銀が目標としている2015年3月にはゼロに近づくだろう。貿易赤字は史上最大を記録し、2014年度の実質成長率はマイナスになる見通しだ。何が間違っていたのだろうか?



アベノミクスの目的は円安誘導による「日本売り」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2年前に安倍氏が経済を理解していたとは思えないが、側近にはリフレ派と呼ばれる奇妙な経済理論を信じる人々がいた。

それに乗って彼は「デフレ脱却議員連盟」の会長になり、リフレを政策の看板に掲げた。



彼のブレーンになった浜田宏一氏(内閣官房参与)は「日銀がエルピーダをつぶした」と公言し、円高を放置したことがデフレの原因であり、金融を緩和すれば日本経済はよみがえると主張した。



翌年4月に黒田東彦氏が日銀総裁に就任して「2年で2倍」の量的緩和を約束したとき、その狙いは物価ではなく為替レートだった。

かつて財務省で「円高ファイター」として活躍した黒田氏にとって、1ドル=80円台の過剰な円高が景気回復の障害になっていることは明らかだった。



しかし政府が為替レートの操作を行うことは通貨の切り下げ競争を招くので、「2%のインフレ目標」という暗号で、世界の投機筋に日本を売れ」というシグナルを出したのだ。日銀が際限なく円を供給する政策は円売り介入のようなもので、1年半で1ドルは120円まで50%近く上がった。



日本株が割安になったため、株式市場の主役である海外投資家が株を買い上げ、日経平均株価も2倍近くまで上がった。

これによって輸出産業は競争力を回復し、日本経済は一挙によみがえるはずだった。



ところが株価以外のマクロ経済指標は、ほぼ全滅だ。政府はあわてて「円安対策」の補正予算を組んだが、日銀が円安誘導しておいて円安対策とは、笑止千万である。それなら最初から、円安に誘導しなければよかったのだ。



「デフレ脱却」にこだわると原油安が生かせない

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いい材料もある。原油価格は、半年で1バレル=110ドルから50ドル台に半減した。これは日本経済にとって「神風」ともいうべき幸運だが、日銀の黒田総裁は「原油安でデフレ脱却が困難になった」として、10月末に追加緩和した。



これによって1ドル=120円台を突破した結果、図1のように今年後半、原油価格がドル建てで半減した時期に、円建てでは30%ぐらいしか下がっていない。せっかくの原油安の半分が、ドル高で相殺されてしまったのだ。 ≫



巷間の意見>>

………………………………

インフレターゲット政策実行後のリフレ派は、デフレ脱却という大義や目標を見失い、安倍政権が進める第三の矢に傾注しすぎている。

まるで、第一の矢を人質にでも取られたかのように、くだらぬ構造改革路線を賛美し、いまや労働規制緩和政策(外国人活用、配偶者控除廃止、一般社員の残業代廃止など)の最大の擁護者に成り果てている始末だ。

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1421732/1436015/94176028

………………………………



(T-T)ノ~ はいはい、ユダ金工作員の売国奴。



巷間の意見>>

………………………………

安倍首相は韓国語で「朴槿恵大統領ともお目にかかれて、本当にうれしく思います」と述べた。

http://image.newsis.com/2014/03/26/NISI20140326_0009503012_web.jpg



■平成26年 安倍総理の発言

8/26「増税後の4~6月の数値を除けば経済は成長している」

10/6「株価上昇はボーナスが上がるよりも大きな効果がある」

10/7「消費税増税分を除けば賃金は上がってる」



安倍政権の実績

実質賃金とボーナスは下がり続け、物価は値上げが続く

消費税は8%に増税、来年はさらに10%に増税

電気代も上がり、食品もどんどん値上げ

TPPを全力推進、貿易赤字も過去最大に

解雇規制を緩和して、正規雇用が減少

派遣規制を緩和して、非正規雇用が増加

尖閣竹島を放置して、村山・河野談話を継承

年金の納付額は増額、年金の給付額は減額

増税に次ぐ増税、公務員と議員は給与上昇

生活保護も増え続け、外国人労働者を受け入れ

各種社会保障をカット、 残業代もカット

慰安婦のことで胸を痛めて反省、 外国の資金援助は大幅増

貧困率は過去最悪、生活苦を感じる人も上昇

国内GDPは大幅低下、個人消費も大幅低下の大恐慌レベル

個人貯蓄率はとうとうマイナス、主要国最低



■経歴

1954年生(60歳)

1962-1963 小学2年から3年生にかけて本田勝彦 NHK経営委員、日本たばこ産業顧問(東京大学法学部卒)が家庭教師となる

1964-1965 小学4年から5年生にかけて平沢勝栄 現衆議院議員(東京大学法学部卒)が家庭教師となる

1973 成蹊高等学校卒業(エスカレーター卒業)

1973 成蹊大学法学部入学(エスカレーター入学) ←親に買って貰ったアルファ・ロメオでご通学

1977 成蹊大学法学部卒業(エスカレーターで卒業)

   ~ニート期間2年~  (親のカネで米大学入学 → 退学)

1979 神戸製鋼所入社(コネ)

1982 神戸製鋼所退職

   ~再ニート期間11年~(親のカネで生活&世襲準備)

1993 親である安倍晋太郎の○に伴い出馬 → 楽々当選!

    現在に至る

………………………………



(T-T)ノ~ 安倍チョンは英語も下手ですが、経済音痴なことも確かです。得意なのはテレビゲームだったりして…。



巷間の意見>>

………………………………

実質GDP伸び率(年率換算)



2013年 (安倍政権発足)

1-3月 5.6%  ←民主党からバトンタッチ

4-6月 3.2%  ☆徐々に下降線

7-9月 2.4%  ☆徐々に下降線

10-12月 -1.6% ←増税前、既にマイナス



2014年

1-3月 6.7%  ★増税前の駆け込み★

4-6月 -7.3%  ★消費税増税★

7-9月 -1.9%

………………………………



(T-T)ノ~ 先進国から途上国に変革するのがアベノミクスでした



巷間の意見>>

………………………………

☆自民ネット工作員の正体☆



「自民党の凄まじいネット工作」 ←このキーワードで検索!

2chでの話しなら(株)ホットリンクと(株)ガイアックスを使い2chで世論工作しています

もちろんネトサポ(自民ネットサポーターズクラブhttp://www.j-nsc.jp/)も工作員です

ちなみにネトサポに指示を出しているのは自民トラッシュチーム(代表者:世耕弘成)です

………………………………



(T-T)ノ~ はい、統一協会。



巷間の意見>>

………………………………

☆これは読むしかない! やっぱり浜先生は正しかった☆



「アベノミクスの真相」 浜 矩子 著 中経出版 定価 1000円



妖怪「アベノミクス」の最も怖いところは、人々の成長待望感と閉塞脱却願望につけこんでくるところにある

「根拠がなくてもいいじゃないか」「久々に熱狂できればいいじゃないか」

そうした人々の思いに、嬉々として食らいつき、彼らのささやかな夢を貪り尽くす

我々は、妖怪アベノミクスに惑わされてはいけない

この妖怪の皮を一皮むけば、多くの人が信じている「俗論」とは大きく異なる「真相」が隠されている



自民工作員どもがアマゾンのレビューに罵詈雑言を書き込んでいるな

これは本書が確信を突いている証拠だ

必読すべし!

………………………………



(T-T)ノ~ アベノミクスに期待感を持っているような間抜けな国民はほとんどいないにもかかわらず、マスゴミがユダ金の手先なので捏造報道ばかりやっているから…。マスゴミには赤旗も含まれます。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>





人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
[ 2014/12/31 13:51 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6074-b9e00964