新発見「デブ菌」の脅威!肥満は感染症だった!糞便移植で急速に肥満 



肥満は感染症だった!?デブから糞便移植を受けたら急速に肥満に

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1423961027/-100



≪言葉は悪いが、「デブ菌」という人を太らせる細菌が実在する可能性が濃くなっている。



肥満の人の腸から取った腸内細菌を移植された人が、急激に太るという現象が判明したからだ。



米国ロードアイランドのニューポート病院とマサチューセッツ州のマサチューセッツ総合病院を中心とする研究グループからそれぞれ、感染症分野の国際誌であるオープン・フォーラム・インフェクシャス・ディジーズ誌オンライン版で、2015年2月1日に報告した。



クロストリジウム・ディフィシルという細菌の感染症は、抗菌薬の使用により腸内細菌のバランスが崩れた結果、 下痢を起こしたり、毒素を産生したりする病気だ。重症の場合には命に関わる。



最近、この感染症の治療として、にわかには信じがたいが、健康な人から糞便の抽出物を腸内に移植する方法が注目されている。

健全な細菌群を回復させるのが目的となる。



今回、この治療で思わぬ発見となったのは、肥満のボランティアの糞便を移植された人が、短期間で急に太ってしまったというものだ。



今回マサチューセッツ州の研究グループが報告した女性は、糞便の腸内への注入を受けてクロストリジウム・ディフィシル感染症の治療に無事に成功した。



治療のための糞便を提供したのは、肥満である以外は健康状態が良好な移植を受けた人の10代の娘だった。



この治療以前、治療を受けた本人の体重は約62kgで、BMIは26だった。

それまでの生涯を通じて正常体重で安定していた。



ところが移植の16カ月後、女性の体重は一挙に約77kgまで増えて、BMIが33まで増加したのだ。



移植3年後には減量の努力や運動にもかかわらず体重が約77kg、BMIは34.5で定着してしまい、肥満になってしまった。



一方で、米国ロードアイランド州の研究グループが行ったマウスの実験からも同様の結果が得られた。

肥満マウスから糞便移植を受けた正常体重マウスは、脂肪量が著しく増えた。



以上の2つの研究から、糞便移植のドナーとしては、肥満者を除外すべきだとういうことが示唆された。



最近、1日中食べ続けると肥満を促す菌が腸を占拠するという報告もある(1日中食べると「デブ菌」が腸を支配する、米大学が報告)。



腸内細菌と代謝、そして健康との関連からも見逃せない。≫



巷間の意見>>

………………………………

話は聞かせて貰った!!デブは感染する!

………………………………



(T-T)ノ~ ホモの人や過激なプレイが好きな人は相手に気をつけないと要注意ですね。



朝鮮人もどきの意見>>

………………………………

だからいろんな人の糞をミックスして飲めば腸内最近のバランスを

良くすることが出来るんだよ、信じなかったじゃっぷが愚鈍、科学を

信じなかったから敗戦したw

………………………………



(T-T)ノ~ こらこら…。



巷間の意見>>

………………………………

下剤を飲めば痩せるってことじゃないか?つまり腸内細菌バランスを

リセットすれば良いと言うことかもしれない、もしくはキツイ酒を飲みまくって

腸内をアルコール消毒すれば痩せるかもしれない。

………………………………



(T-T)ノ~ 高カロリーのおつまみを食べなければな。

まあ、肝臓がいかれて、そのうち食欲もなくなるだろうが…。



巷間の意見>>

………………………………

そーいえば以前、すごく痩せた女の子が太ったヤツと結婚したら、

数年でものすごいデブ体型になってたなw

………………………………



(T-T)ノ~ まあ、いろいろな原因が考えられるからな。



知ったかぶりの意見>>

………………………………

パンダやコアラが離乳食として親のウンコを食うのは理由がある。

難消化性のユーカリや笹を食べるには特殊な腸内細菌が要る。

親は離乳食として未消化のウンチを食わせると同時に消化を助けてくれる

微生物を受け渡す。

これに失敗した子供は間違いなく死ぬ。

実は完全菜食主義者も動物食ってるんだよ。

糞便の内、重量比で7割は腸内細菌の死骸とその腹に入った消化物。

腸内細菌は異常に増えるからそれをどんどん消化して食べてるわけだ。

………………………………



(T-T)ノ~ 細菌は動物じゃないぞ。どちらかといえば植物に近い。



巷間の意見>>

………………………………

欧米人が日本人みたいに昆布系統のものを大量に摂取したら消化できなくて

下痢することが多い。

日本人は原始の昔から海岸で昆布を拾って食ってきて腸内細菌の環境は

そいつに対処できるようになっている。

消化できない西欧人も日本人のパートナー見つけたら途端に変ることがある。

相手の性器や肛門舐めてたら腸内細菌の一部も入っちまうしね。

日常生活でも入ることあるよ。

そうやって新たな細菌が入った人はパートナーが変われば再びそれを受け渡す。



昔は日本人もベトベトの脂の美味しい肉なんて食ったら下痢したものだ。

でも今は刺しの沢山入った極度に脂の多い肉食っても腹壊す奴は少なくなった。

同じ理由だよ。

………………………………



(T-T)ノ~ 食文化は奥深いですね。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>





人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
[ 2015/02/20 21:42 ] 雑学の目 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6175-bd248234