淡路島5人殺人容疑者平野達彦の驚愕正体 





兵庫県、淡路島の洲本市で男女5人刺される 3人死亡 40歳の男の身柄を確保
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425861467/

≪9日朝、兵庫県の淡路島の洲本市中川原町で住民とみられる複数の人が刺され、警察によりますと、このうち3人が死亡したということです。
消防によりますと、ほかにも複数が病院に運ばれ、手当を受けているということです。
兵庫県警察本部によりますと9日朝、兵庫県の淡路島の洲本市中川原町で住民とみられる複数の人が刺され、警察によりますと、このうち3人が死亡したということです。

消防によりますと、ほかにも複数が病院に運ばれ、手当を受けているということです。
事件が起きた現場は、淡路島の洲本市の中心部から3kmほど北で、山のふもとに住宅が点在している地域です。
付近には田畑が広がっていて、現場から1kmほど北には小学校もあります。
警察は事件に関わった疑いのある40歳の男の身柄を確保し、詳しく調べています。 ≫

兵庫県洲本市 刺された5人全員死亡
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425867547/

(T-T)ノ~ 殺人のテクニックは素人ではないですね。

「話をしません」平野容疑者が供述拒否
http://www.sankei.com/west/news/150309/wst1503090019-n1.html

≪9日午前、兵庫県洲本市中川原町の民家で5人が殺傷された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された自称無職、平野達彦容疑者(40)は、「話をしません」と供述している。≫

(T-T)ノ~ ≪「話をしません」と供述している。≫という産経記者の記述は気になるなあ。

平野達彦Facebook
https://ja-jp.facebook.com/OsakaRouben/posts/601891773242899

≪自衛隊などが秘密裏に行っている、テクノロジー犯罪を扱っているブログがありますので、ご紹介します。

集団ストーカー犯罪とテクノロジー犯罪は、右翼保守勢力と協力組織が秘密裏に行っています。こいつらは、全国民をターゲットにしています。※留学生や長期滞在者もターゲットにされています。

警察も精神医療も宗教右派も奴等と連携しています。

危険な法案を阻止するには、右翼保守勢力と協力組織が秘密裏に行っている、集団ストーカー犯罪とテクノロジー犯罪を追及する事が一番の早道です。

この犯罪で何が起こっているかを幾つか書きます。

排外主義者が増やされています。
ネット右翼が増やされています。
宗教右派が増やされています。。
右翼宗教の信者が作られています。※幸福の科学など。
自民党の支持者が増やされています。
維新の会の支持者が増やされています。
右派議員の支持者が増やされています。
新興宗教の信者が増やされています。※新興宗教は奴等の票田です。
米軍シンパが増やされています。
自衛隊シンパが増やされています。
左派組織内にスパイを作っている。※STやSがそうです。≫

(T-T)ノ~ ※STやSは一般人のようなので伏せ字にしました。
上記の内容はネット上で飛び交っています。容疑者は無職とのことなので、一日中ネット漬けの生活をし、精神に異常をきたしのでしょうか?
精神異常だからネット漬けになった可能性もありますが…。

そのうちこの容疑者の通院歴の明らかになりそうですね。

平野達彦Twitter
https://twitter.com/jichitai_net

≪日本に来訪の外国人や日本国民全員をスパイとして使用する為に、日本政府は何十年も前から各地で電磁波犯罪とギャングストーキングを行っています。日本政府は米軍ユダヤと共謀しています。≫

(T-T)ノ~ 洲本市内の地図も載せていますね。無差別殺人ではなく、狙い撃ちだった可能性も考えられます。

精神異常者の犯行と考えるのが常識的ですが、容疑者の主張そのものは事実に近い内容なので、一応CIAが絡んだ情報操作の可能性も視野に入れておいた方が良いかもしれません。

上記の事実に対して、「精神異常者の戯言だから…」と一笑に付してしまう情弱庶民も出てきそうです。

勿論、その程度の効果を狙うにしてはリスクの多い事件であることも確かです。
しかし、政治家や秘書が簡単にコロコロ自殺や変死してしまう日本国において、宗主国たる米国様の「仕置き」がどの程度のものなのか、ということも勘案する必要があるでしょう。

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[ 2015/03/09 13:19 ] 本文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6211-bd2b9f01