安倍晋三 「恋愛や勉強は苦手だが政治だと頭が冴える。俺は政治家に向いてる」 






安倍晋三 「恋愛や勉強は苦手だったけど、政治だと頭が冴えるんだ。俺って政治家に向いてるのかも」
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1427819714/

≪私の亡くなった父は山口で家業の建設業を営む傍ら、青年団運動に携わっていた。
A級戦犯容疑者として巣鴨拘置所に収監されていた安部の祖父である岸信介が出所したのは、そんな青年団運動を熱心にやっていた折りだった。
「自主憲法制定」を掲げて日本再建連盟を設立した岸は、地元・山口に帰るたびに啓蒙運動を展開し、家が近所だった私の父も、その教えを受けた一人だ。

だから私も子供の頃から、岸と面識があった。夏休みに東京から山口にやってくる晋三兄弟の存在も知っていた。

上京して、高校・大学を出ると、私はテレビ朝日に勤めた。
それまでも同郷で、かつ父親が知己である関係で岸信介や安倍晋太郎とも会っていたが、放送記者の仕事が始まると接する機会は増えた。
同い年の安倍を知ってはいたし、安倍が父・晋太郎の秘書になって、さらに会う機会は増えたが、その頃はそれほど親しくなることはなかった。
むしろ、互いに「生意気な若造」くらいに思っていたのだと思う。

安倍が政治家として化けたと感じたのは、小泉政権の官房副長官として北朝鮮を訪問した02年9月のことだ。
私もテレビ朝日の取材デスクとして、急遽、同行取材することになった。訪朝前後、私は安倍にインタビューした。
私の目の前にいる男に、少し早口で短気そうなお坊ちゃんの面影はなかった。

安倍が末延に語った言葉

「若い頃、恋愛や勉強ではいろいろ悩むことが多かったけれど、政治家として決断する時は頭が冴えて判断を迷うことがないんだよ。
もちろん、決断を下すときにおそれを感じることはあるけど、政治家の仕事が向いてるんじゃないかと思うんだ」≫

巷間の意見>>
………………………………
早口で短気そうな坊っちゃん
いまの下痢と変わらねえじゃねえか
………………………………

(T-T)ノ~ はい、三つ子の魂百までと申します。

巷間の意見>>
………………………………
安倍の神戸製鋼時代の話って全然出てこないよなぁ
どんな社員だったのか具体的な話を聞いてみたいもんだ
………………………………

(T-T)ノ~ 箝口令でも敷かれているんじゃないですか?

巷間の意見>>
………………………………
勉強が出来なかったのに政治に必要な知識はどうやって手に入れたんですかねぇ
………………………………

政治は知識がなくても官僚がするから
全部お膳立てして安倍ちゃんみたいなバカでも何かしてる気にさせてくれる
………………………………

(T-T)ノ~ 官僚は優しいからルビ付き原稿を渡してくれます。

巷間の意見>>
………………………………
頭が冴えたときの安倍「日教組どうすんの日教組!」
………………………………

(T-T)ノ~ 学校の先生にトラウマがあるんですね。

自民党工作員の書き込み>>
………………………………
そこまで嫌悪するほどの首相ではない。安倍政権はそれなりに妥当だと思う。
首相がすぐに変わるような一昔前の状況が最もよくない
………………………………

(T-T)ノ~ 首相の首をすぐすげ替えて責任の所在を不明瞭にするのが、米国様に対して日本ができる唯一の抵抗だったのですが…。」

巷間の意見>>
………………………………
職場の上司の紹介で晋三と出会い、1987年(昭和62年)6月に結婚した。現在まで子宝に恵まれず、不妊治療を試みたり、養子縁組も検討したと文藝春秋とのインタビューでコメントしたことをBBCが報じた。

見合いじゃねえかよ
………………………………

(T-T)ノ~ 微妙ですね。

巷間の意見>>
………………………………
判断を迷わないのは決断力があるからでは無く、多様な事態を考える想像力が無いからだろうな。
想像力が無いから他人の痛みを理解できず「政治家として最も大切な情がない」と評されてしまう。
………………………………

(T-T)ノ~ 米国様にロボトミー手術でもされたのでしょうか?

巷間の意見>>
………………………………
前頭前野でやってるような仕事をする能力が政治家には必要だろうなって良く思うわ
国を人間にたとえると政府が丁度そこら辺になるだろうし
………………………………

(T-T)ノ~ 日本人はロボトミー国家なんですね。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[ 2015/04/01 18:10 ] 本文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6262-168f4ca5