周辺地域で線量が1000倍!福島第一原発の危機的状況を政府マスゴミ隠蔽 


周辺地域で線量が1000倍に急上昇・・・ “フクイチ”で何かが起きているのか
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1430111257/

≪このところ福島第一原発の様子が、どうもおかしい。特に気になるのが2号機で、4月3日に格納容器の温度が約20℃から70℃へ急上昇した。
さらに2日後には88℃に達し、4月第3週現在も70℃前後から下がっていない。もちろん熱源は4年前に圧力容器からメルトダウンした最大重量100tとも推定される核燃料である。
その温度は、事故当初は太陽の表面に近い4000℃前後で、不純物が混じって核燃デブリ(ゴミ)と化した今でも塊の内部は1000℃以上を保っているとみられる。つまり、2号機内ではデブリがなんらかの原因で活発化して放熱量が高まっているようなのだ。
この点について琉球大学理学部の古川雅英教授(環境放射線学)は次のように説明する。
「1~3号機ともに核燃デブリを冷やすために放水作業を続けていますが、その水量調整が実は大変に難しい。少ないと文字通り焼け石に水です。
また、極めて稀(まれ)なケースですが、環境条件が整えば、水によって減速された核分裂中性子が連鎖的な核分裂を誘発する可能性もあります」
だから東電の事故処理対策では、今のところ1~3号機ひとつにつき、一般の水道蛇口ふたつを全開にしたほどの注水を続けている。
これは巨大な原子炉格納容器と比べれば意外にわずかな水量といえる。
にもかかわらず、なぜ2号機の温度は急上昇したのか?

似た異変は3号機内部でも起きているようで、今年に入って何度か3号機の屋上から大量の蒸気が噴き出す様子がライブ配信映像で目撃された。
そして、もっと見逃せないのが2号機の温度上昇と連動するように4月6日から福島第一原発周辺の「放射線モニタリングポスト」が軒並み高い数値を示し始めたことだ。

中でも原発から北方向の南相馬市では、復旧したての常磐自動車道・南相馬鹿島SA(サービスエリア)ポストで通常線量の1000倍にあたる毎時
55μSv(マイクロシーベルト)を最大に、市街地各所で数十倍の上昇が見ら それぞれの線量上昇時には福島第一原発方向からの風が吹いていた。

福島県内各地の放射能汚染を詳しく調べてきた「南相馬・避難勧奨地域の会」の小澤洋一さんはこう語る。

「これら福島県が設置したモニターの高線量折れ線グラフは、異様に長い剣のように突き出た1、2本のピークが特徴的で、しかも短時間に限られた場所で現れたため、あいにく私の個人測定ではキャッチしていません。
しかし福島県は、この後すぐに40ヵ所ものモニターを“機器調整中”とし測定を止めました。この対応はあまりにも不自然だと思います。
もし本当に高額な精密モニター機器が何十台も同時故障したというなら、それ自体が行政上の大問題でしょう」
この福島第一原発2号機の温度急上昇と関係がありそうな異変は、実は福島県以外にも及んでいた。そのひとつが4月7日の東京都内だ。
本誌は原発事故から4年間、都内43ヵ所の「定点」で月数回ペースの線量測定を実施してきた。
そして北東・北方向から4、5mの風が吹き続けた7日正午から夕方にかけて、港区・新宿区・渋谷区・世田谷区を中心にいつもの2~4倍に達する線量上昇を確認した。

また「原子力規制委員会」が公開した4月中旬までの全国線量グラフにも東北各県や神奈川県などで急激な上昇が見られた。

原発事故以来、東日本地域では地表面に染み込んだ放射性セシウムが1~3月頃の乾燥期に空中へ舞い上がり、線量を高める「2次汚染現象」が続いてきた。ところが今年の春は、まるで様子が違う。
今の福島第一原発から直接飛来した強い放射性物質が一部地域の線量をスポット的に引き上げているとしか思えないのだ。

この新しい傾向は、何を意味するのか? 考えられるのは、原発内の核燃デブリが従来の注水冷却工程に対して異なった反応を示す状態に変化した可能性、例えば、デブリが格納容器下のコンクリートを突き抜けて地盤まで到達(メルトアウト)し、地下水と接触するなどだ。≫

巷間の意見>>
………………………………
もはや予定調和か…下村文科相の捜査に着手する特捜部の本気度
http://dmm-news.com/article/955306/
………………………………

(T-T)ノ~ 最近変な言い回しが流行っていますね。馴れ合いで充分だと思いますが…。

巷間の意見>>
………………………………
水俣と福島に共通する自民党 10の手口

 1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する
 2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む
 3、被害者同士を対立させる
 4、データを取らない/証拠を残さない
 5、ひたすら時間稼ぎをする
 6、被害を過小評価するような調査をする
 7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる
 8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む
 9、海外に情報を発信しない
10、御用学者を呼び、国際会議を開く
………………………………

(T-T)ノ~ 民主党モナ。

バカの妨害>>
………………………………
これだろ?

【速報!】公園の放射性物質の正体が判明か!?(※画像あり)衝撃的すぎる姿とは・・・
http://kiji.xyz/blog18
………………………………

(T-T)ノ~ 関係ないだろ。

バカウヨの意見>>
………………………………
だから、各国政府に現状報告と福島の表土のサンプルを送るのはやめろって言ってるだろ


        オリンピックがなくなっちゃうじゃないか!
………………………………

(T-T)ノ~ オリンピックなんかより福一を何とかした方がいいぞ。

巷間の意見>>
………………………………
>事故当初は太陽の表面に近い4000℃前後

こわいわww
………………………………

(T-T)ノ~ 恐いですね。今まで隠蔽していたんですね。

巷間の意見>>
………………………………
自民政権だったら東日本が終わっていた
今おまえがアホみたいにのうのうと2chしていられるのは菅元総理のおかげだということを決して忘れてはいけない


▽菅氏の主な発言

 東京電力が記録していた昨年3月15日未明の菅直人首相(当時)の主な発言は以下の通り。

・被害が甚大だ。このままでは日本国滅亡だ
・撤退などあり得ない。命懸けでやれ
・情報が遅い、不正確、誤っている
・撤退したら東電は百パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ
・60になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く
・社長、会長も覚悟を決めてやれ
・なんでこんなに大勢いるんだ。大事なことは5、6人で決めるものだ。ふざけてるんじゃない
・原子炉のことを本当に分かっているのは誰だ。何でこんなことになるんだ。本当に分かっているのか
………………………………

(T-T)ノ~ 安倍と麻生以外なら、誰だって似たような結果だったでしょう。
安倍だった場合が一番マシだったかも…。
自己判断なしでCIA丸投げだから、米国様が案外的確な判断をしてくれたかも?
麻生だったら東日本終了でした。

巷間の意見>>
………………………………
しかし福島県は、>この後すぐに40ヵ所ものモニターを“機器調整中”とし測定を止めました。


都合の悪いデータは機器の異常としてたわけだ

ドローンがなきゃ、気が付かなかったw
………………………………

(T-T)ノ~ 首相官邸なんかより福一にドローンを飛ばすべきでしたね。すぐ操縦不能になるけど。

巷間の意見>>
………………………………
原発は安全ですと行ってた連中を見に行かせるのが筋だろ
………………………………

(T-T)ノ~ そう言っていた東電幹部はもうみんなドバイあたりに逃げたわ。
原発政策を推進していた政治家は安倍や小泉みたいにずうずうしくまだ居座っているが…。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[ 2015/04/28 02:20 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6310-57432e17