慶應大学に現役合格奇跡のビリギャルの正体は名門進学高生徒だった! 


ビリギャルに実は“ビリ“じゃなかった疑惑が...正体は名門私立中高一貫校のお嬢様!?
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430548333/

≪"ビリギャル"の勢いが止まらない。勉強のできないおバカな金髪ギャル・さやかが、1人の塾講師と出会い、たった1年で偏差値を40上げて慶應義塾大学に合格した──。
塾講師である著者が綴った奇跡の大逆転物語『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40 上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴/KADOKAWA、アスキー・メディアワークス)、通称"ビリギャル"は、大きな話題を呼び65万部を超えるベストセラーになっている。
今年2月に同じ版元から出されたビリギャルの母親の本『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』もヒット、さらに有村架純主演の映画『ビリギャル』も昨日から公開されている。

しかし、このビリギャルに本当の意味で"ビリのギャルだったのか"という疑問の声が浮上しているのだ。

ビリギャルといえば、まず思い浮かぶのが本のカバーを飾るギャルだろう。
ミニスカ制服に金髪、マスカラやアイラインで目元を強調したガッツリメイクで、反抗的な表情を浮かべる、いかにもなギャルだ。
彼女がビリギャルだと思っている人もいるかもしれないが、このギャル、実はファッション誌『JELLY』(ぶんか社)などで活躍する石川恋というモデルで、ビリギャル本人でも慶應生でもない。

もっとも、これは本にも明記されていることで、実際に本を読んだ人には周知のこと。問題なのは写真でなく、タイトルやそのフレコミだ。

まず、塾講師の著者いわく、ビリギャルと出会った当時、彼女は「小学4年生の学力のギャル」だったというが、本当なのだろうか。

というのも、ビリギャルは中学受験を突破し、私立の中高一貫校に通っていたのだ。
実際、同書にもこんな記述がサラッと書かれてある。

「彼女は名古屋では「お嬢様学校」と呼ばれる私立女子高Xに通っている高校2年生。
中学から大学までほとんど試験なしでエスカレーター式に上がれる」
「君、一応、私立中学受験してるんだよね?」

名古屋で「お嬢様学校」といえば、名古屋の女子中学受験の「御三家」「SSK」と呼ばれる「金城学院」か「愛知淑徳学園」か「椙山女学園」のいずれか。本
に出てくる「算数と国語の2教科受験」「Aクラス・Bクラス・Cクラスの3クラス制」、また投稿サイト「Story.jp」に掲載されている成績表の学年
人数などから、愛知淑徳学園である可能性が高い。

「週刊朝日」(朝日新聞出版)4月17日号の「全国3332高校主要大学合格者数総覧」で愛知淑徳学園の今年の合格実績を見ると、卒業生279名で、早稲
田5名、慶應6名、明治22名、青学14名、中央11名、立命館66名、東大1名、京大3名、名古屋大22名......とそれなりの進学校だ。
つまりビリギャルはビリと言っても、あくまでも"進学校でビリ"なだけなのである。≫

巷間の意見>>
………………………………
しかも実はAO入試だしな
インチキ丸出し
………………………………

(T-T)ノ~ インチキではありません。誇大表現なだけでした。

巷間の意見>>
………………………………
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40 上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)
本当に偏差値30の高校3年生がこの本を読んでも「わたしにも、できる!」とは、到底思えないだろう。
映画でビリギャルの母親を演じた吉田羊が「奇跡のようなお話ではあるけど、その奇跡にはちゃんと理由がある。
その理由を劇場で確認してほしいですね」と語っているが、まさに奇跡には理由があったのだ。

理由のひとつは、これまで指摘してきたように、ビリギャルは中高一貫の進学校に通っていて、そもそも小4レベルの学力などではなかったこと。
しかし理由はほかにもある。もうひとつは、慶應大学に狙いを定めたことだ。
実は、彼女が合格した慶應大学SFCの総合政策学部の受験科目は、英語(あるいは数学)と小論文の2科目。
また、受験には落ちたが本命だった文学部も、英語(外国語)と小論文と日本史(あるいは世界史)で、
歴史科目の配点の比重は少ない。つまり、ほぼ英語と小論文しか必要のない学部なのだ。

しかも小論文は、最初から得意だったらしい。

「実は小論文に関しては、さやかちゃんはなぜか最初からセンスがありました。
お話の中に入り込んで、怒ったり、感動したりするセンスがあったからです。そしてなぜか(?)字がきれいなのも好印象でした」

最初からセンスがあった。つまり、ビリギャルには小論文に必要な読解力や論理的思考力、文章力がもともと備わっていたということなのだろう。

となると、英語にしぼって勉強すればよかったのだ。
………………………………

(T-T)ノ~ 英語が話せないバカウヨ無残。この娘の方が安倍首相よりは頭は良さそうです。

(参照)「まるで中学生の英語スピーチ大会だ」安倍首相の演説がアメリカ人記者たちの笑いモノに 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1430542188/

巷間の意見>>
………………………………
本当この通りだわな 偏差値65~70ぐらいの高校行って、遊びや部活動で勉強しないで大学受験の模試の偏差値が40ぐらいで1年ぐらい勉強して70ぐらい上げてどっかの大学に受かる、 こんな例なら毎年あることで珍しくもなんともないんだよ。
逆に何とか農業高校とか商業高校とか高校偏差値40の底辺高校から東大行くやつなんかほとんどいないやろ 
ビリと言いつつ全然ビリじゃない。カムフラージュしている。
………………………………

(T-T)ノ~ まあ、灘高でも開成でも最下位はいるから…。

巷間の意見>>
………………………………
どうせこんな本は自分も慶應に入れるかも、とか
バカしか買ってないから何の問題もない
………………………………

(T-T)ノ~ 勿論、そこをターゲットに出版したのですが…。

巷間の意見>>
………………………………
は??????????
ビリギャルの表紙の女って本人じゃなかったの?
こんなブスが本人?????????
あの表紙詐欺じゃんwこんなのが本人だとどうでもよすぎるだろwwwwwwwwww
………………………………

(T-T)ノ~ これは微妙ですね。

巷間の意見>>
………………………………
確か(元から英語ができる)ギャルが一年で(国語の校内)偏差値を40上げて(英語と小論だけが試験科目の)慶應大学(SFC)に現役合格した話だとか
………………………………

(T-T)ノ~ 要約でした。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2015/05/02 18:36 ] 事件簿 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6322-e1b588ee