中国政府がついに葬式でストリップ禁止を発表に農民激怒!大規模暴動発生か? 


中国文化省、葬式でストリップ禁止を発表…農民は「弔問客がだれも来なくなる」「他に何を見ればいいんだ」と反発
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1437958022/


≪中国の農村部では、葬儀でストリップショーを行うことが恒常化しており、中国文化省は「農村における文化市場の経営秩序を乱し、社会の気風を傷つけた」などとして、ショーを禁止する声明を発表。警察と連携して摘発に乗り出している。

これに対して、農民の間からは「ストリッパーを呼ばないと、弔問客がだれも来なくなる」と反発している。中国各紙が伝えた。

今年2月に河北省邯鄲市の村で行われた葬式で、子供も含めた葬儀の参列者たちが見つめるなか、「赤いバラ歌舞団」の女性メンバーによるストリップを披露。江蘇省宿遷市で同月行われた葬式でも、ストリップショーが行われた。

いずれも地元警察が公共秩序を乱したとして、集団の責任者らを摘発、拘留処分となった。

中国では葬儀の参列者が多いほど、死者への弔いや尊敬の気持ちが表すことが出来、死者も死後の社会で幸福になれると考えられている。このため、葬儀主催者は1人でも多くの参列者を集めるために、余興としてストリップショーを開くことが日常化しているという。

最近ではネットの普及とともに過激なストリップショー映像が次々出回り、当局も取り締まりに本腰を入れざるを得なくなった。

このため、文化省は葬儀の行き過ぎた娯楽化は「社会のモラルを乱す」として摘発強化に乗り出したというわけだ。

しかし、米CNNによると、農村部ではストリップショーが行われるのは常識化しており、村人たちは、葬儀でストリップショーが開かれることをおかしいと思ったりはせず、慣れているため「禁止されたら、他に何を見ればいいんだ」と文句を言う人もいたという。

ネット上では、「中国の農村部はいまだに封建的で、無知な人が多い証拠。とはいえ、農村部には娯楽が少なく、冠婚葬祭くらいしか楽しみがなく、どうしてもセレモニーが派手で、えげつなくなってしまう傾向が強い」との書き込みもみられている。≫

巷間の意見>>
………………………………
日本も生臭坊主に金払うぐらいなら、この方がまし
………………………………

(T-T)ノ~ 故人を偲ぶのに良い場合もありますね。

巷間の意見>>
………………………………
中国から学ぶべき文化は未曾有だな。
………………………………

(T-T)ノ~ 奥が深いですね。

巷間の意見>>
………………………………
史記とか論語とかに天子は十六人に舞わせ諸侯は九人に舞わせるとかって葬儀の格式があったような気がするんだけどストリップだったのか。変態大国は支那の方じゃねーか。
………………………………

(T-T)ノ~ 葬式を賑やかにやる文化は結構多いですよ。

巷間の意見>>
………………………………
>中国では葬儀の参列者が多いほど、死者への弔いや尊敬の気持ちが表すことが出来、
>死者も死後の社会で幸福になれると考えられている。

だからってストリップショーやるのは本末転倒だろ・・
………………………………

(T-T)ノ~ 金品をばらまいたり、ごちそうを振る舞ったりするより、こっちの方が安上がりなんだろ。生活の知恵です。
男のストリップもやらないと女は来ないけどな。
…、ということは男女でやるあれか。

巷間の意見>>
………………………………
葬儀に参加したらもれなく商品券をプレゼントしたら
拝金主義の中国人が殺到することでしょう
………………………………

(T-T)ノ~ だから、それをやるよりこっちのほうが安上がりなんだよ。
それに農村部の習慣だから商品券使えないだろ。

馬鹿の意見>>
………………………………
読経が流れる中
棺桶の前で未亡人がおもむろに喪服を脱いで踊り出す
故人も列席者も幸福になれそうだ
………………………………

(T-T)ノ~ 列席者も幸福になれそうな未亡人の確率は1%以下だろ。馬鹿。


巷間の意見>>
………………………………
結婚式だと、結婚直前に女達だけ集まってストリップ会を開いたりするじゃん
西洋映画でしか見た事ないけど
………………………………

(T-T)ノ~ 日本には結婚式の前日に花嫁が元彼を大勢集めて名残を惜しんで派手に騒ぐ習慣もありますが、こっちの習慣は聞いたことがありません。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[ 2015/07/27 11:56 ] 事件簿 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6485-d16872b1