日本政府、南京大虐殺文書の記憶遺産登録でユネスコ拠出金見直しへ…どうせ無理! 



日本政府、ユネスコ拠出金見直しへ…南京大虐殺文書の記憶遺産登録で断固たる措置を取る

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444535882/-100



≪中国が申請していた「南京大虐殺文書」が記憶遺産への登録が決まったことに対し、日本政府筋は「断固たる措置を取る」と述べ、ユネスコの分担金拠出などの一時凍結を検討する構えを見せている。



平成26(2014)年度のユネスコ予算の日本の分担率は米国の22%に次ぐ10・83%で、金額は約37億1800万円。

米国が支払いを停止しているため、事実上のトップだ。

さらに分担金以外でも、さまざまな事業に対する任意拠出金があり、

同年度のユネスコ関係予算は計約54億3270万円に上る。



外務省首脳は「日本の分担金はトップクラス。(ユネスコ側が)日本からの申し入れに真剣に耳を傾けることに期待したい」として、中国の申請案件の登録が認められた場合は拠出金の凍結もあり得るとのシグナルを送り、慎重な審査を求めていた。

一方、中国の分担率は6位の5・14%で日本のほぼ半分。

任意拠出金も日本より少ない。



しかし、中国の動きに詳しい関係者によると、中国は記憶遺産の周知を図る名目で関係者を中国に招待するなどしているという。

記憶遺産事業だけでなく、アフリカでの女子教育などにも中国は積極的に支援を行っており、

「さまざまな形でボコバ事務局長の思いに応えている」との指摘もある。



中国の登録申請を受け、“防戦”に回った日本も傍観していたわけではなかった。

「審査を行う国際諮問委員会メンバーに対し、ユネスコ加盟国は働きかけられない」(日本外務省筋)ことから政府は、その動きをつまびらかにしていない。



しかし、「政府は関係する分野の専門家などと協力し、委員側に日本の主張を伝えてきた」(与党議員)という。

民間団体もパリのユネスコ事務局を訪問し、英文の反論文を提出している。



記憶遺産は、人類にとって歴史的価値のある貴重な文書の保護などを目的とする。

中国が日本を貶(おとし)めるために利用する「南京大虐殺文書」の登録が本来の目的にそぐわないことは明らかだ。

政府関係者は「今回の申請も受理も理解できない」と述べ、記憶遺産事業の見直しもユネスコに働きかけるべきだと強調した。≫



巷間の意見>>

………………………………

これは本気を出して欲しいところだが・・・

外務省だろうからなぁ・・・



期待できるのであろうか?

………………………………



(T-T)ノ~ 口だけだろ。



巷間の意見>>

………………………………

中国は、拠出金よりロビー活動費の方が多いです。

審査担当の調査した方が効果的です。

………………………………



(T-T)ノ~ 調査をやらせて貰えないのが日本の実情。



巷間の意見>>

………………………………

10月9日収録



「もうとっくに完璧な資料をユネスコに送ってるんですよ

 90%登録はされません!断言できます!

 中国いまさら遅いんですよ(キリッ!」



このオッチャン・・・(ノД`)・゜・。



NHK,TBSを上回る売国テレビ局「読売テレビ」 水間政憲「国益最前線レポート」#32《10/11公開》

https://www.youtube.com/watch?v=FhHxNDpl49o



………………………………



(T-T)ノ~ 裏で何やっているのか判りませんよ。

こういうことを喋る奴が中国から裏金貰ってたりする場合もあります。



巷間の意見>>

………………………………

遺憾遺憾」で終わりだろw 

………………………………



(T-T)ノ~ おそらくね。



巷間の意見>>

………………………………

当時の南京の歴史的資料を考えると、満州国と日本軍の資料が中国共産党やGHQに処分されていることが問題だな。敗戦国の悲しいところだ



に同意



そもそも反日政策はGHQがやった

日本を悪の帝国に仕立て上げたのはGHQ

シナチョンは便乗してるだけ

今も国連は日本を敵国認定中w

アメリカ国防省は別の考えがあるけどね

………………………………



(T-T)ノ~ 冥加金だけはしっかり払わされていますけどね。



「南京大虐殺」登録で、日本はユネスコ分担金見直しも→「日本が“脅迫”」「カネさえ払えば何してもいいと…」

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1444536565/



≪2015年10月10日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、中国が申請していた南京大虐殺の関連資料を世界記憶遺産に登録することを決めたことを受け、日本政府はユネスコの分担金を見直す考えを示している。



日本のユネスコ分担金は、昨年度で約37億円で、米国に次いで2番目に多い。

日本は、現在の審査基準が歴史的に正しいかどうかではなく、保存の必要性だけが審査されているとして、制度見直しを求めている。



これを受け、中国共産党系メディアの環球網は、「日本がユネスコを脅迫」と伝えた。

また、中国のネットユーザーからは、

「(分担金を)削減すればいい。そうすれば、多くの国が日本の本当の姿を見ることになる」

「日本のこうした考え方では、常任理事国入りは無理だな。金さえ払えば事実をひっくり返してもいいと思ってる」

「慰安婦が通らなかったのも、日本の妨害工作があったからだろう」など、批判の声が多く挙がっている。≫



巷間の意見>>

………………………………

国際社会で表に出て意見も言わないで、馬鹿にされてもにこにこしながら

金だしてたのが日本の外交。日本では外交官は貴族扱いだけど本当の

姿はこの程度。

………………………………



(T-T)ノ~ 日本の外交官はの仕事は運び屋ですから…。







記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>






人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[ 2015/10/11 15:12 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6626-c6d1ac45