なんか変だよ その最高裁判決!認知症事故訴訟JR逆転敗訴で家族に賠償責任なしの無責任 


(T-T)ノ~ 本ブログもこの事件には以前から注目しており、しつこく記事にしてきました。

裁判所とJRが結託して高齢者虐め?認知症夫の列車事故で91歳妻に360万円賠償命令!
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/29b46f0b7b52edad49f68cf97c967578

(T-T)ノ~ 2014年04月26日の本ブログ記事。
当時は、「何か気の毒な事件で、裁判所の判決は変だな」程度の印象でした。

訂正記事m(_ _)m 裁判所とJRが結託して高齢者虐め?認知症夫の列車事故で91歳妻に360万円賠償命令!
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/0815f307d1c9b1a54f46a72f85d56d80

(T-T)ノ~  2014年05月10日の本ブログ記事。
その後、気になって調べていたら、高齢者は保険にすら加入できないことが判明。日本は高齢者に冷たい社会でした。

日本凄惨介護事情!7年不明認知症女性家族に千万円請求か!JR91歳老婆へ賠償請求に続き
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/eeb9ddd4869533abc19be00cf3af2ba1

(T-T)ノ~ 2014年05月16日の本ブログ記事。
認知症がらみの関連事件です。認知症が出ると家族は大変ですね。この問題に政府はスルー。

JRが91歳認知症夫の轢死事故で93歳老婆に720万円賠償最高裁請求の真相は遺産相続騒動?
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/b61f31b9bce620fac485c05c00dc50c7

(T-T)ノ~ 2015年11月12日の本ブログ記事

実はこの老夫婦は資産家で、ヘルパーがつかなかったのは親族間の遺産相続抗争がらみだったという事実が発覚。

そして今回の判決です。

認知症事故訴訟、家族に賠償責任なし JR東海の逆転敗訴が確定 最高裁判決
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456842445/

≪責任能力がない認知症男性=当時(91)=が徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡した事故で、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、男性の妻に賠償を命じた2審名古屋高裁判決を破棄、JR東海側の逆転敗訴を言い渡した。判決
が確定した。

高齢者の4人に1人が予備軍とされ、平成27年で約520万人、37年で約700万人まで増加すると厚生労働省が推計する認知症。最高裁が示した判断は、認知症など高齢者介護の現場に影響を与えそうだ。

争点は認知症高齢者を介護する家族の監督義務。民法714条では、認知症などが原因で責任能力がない人が損害を与えた場合、被害者救済として「監督義務者」が原則として賠償責任を負うと規定している。1審名古屋地裁は、「目を離さず見守ることを怠った」と男性の妻の責任を認定。長男も「事実上の監督者で適切な措置を取らなかった」として2人に請求通り720万円の賠償を命令した。2審名古屋高裁は「20年以上男性と別居しており、監督者に該当しない」として長男への請求を棄却。妻の責任は1審に続き認定し、359万円の支払いを命じた。

ただ、同居していた妻は高齢の上、「要介護1」の認定を受けていたなど「監督義務を負わせるのは酷だ」と、1、2審判決に批判も多い。また、介護の方針を決定していたとされる長男の責任についても、認知症を抱える家族らから「同居していない家族に責任を負わせれば、家族による積極関与が失われ、介護の現場は崩壊する」と反発が出ていた。

平成19年12月7日、愛知県大府市で徘徊症状のある男性が電車にはねられ死亡。男性は当時「要介護4」の認定を受けていたが、同居していた当時85歳の妻らが目を離したすきに男性は外出していた。事故後、JR東海と遺族は賠償について協議したが合意に至らず、22年、JR側が「運行に支障が出た」として遺族に720万円の支払いを求めて提訴した。≫

巷間の意見>>
………………………………
これからは、呆けた爺さんに駅のホームから突き落とされても、民事では泣き寝入りするしかないってこと?
突き落とされたのが一家の大黒柱だったら、一家路頭に迷うぞ。
………………………………

(T-T)ノ~ 認知症患者以外にも、駅のホームには精神異常者が溢れていますからね。
電車で通勤していると3日に1度の割で大声で独り言を言っている奴に遭遇します。

ホームに立つときは後ろから押されない位置に立つのが常識ですね。
早く電車に乗りたくてもホームの先頭に立つのは止めましょう。やむを得ない場合は支柱のある場所に立ち、背中を支柱に密着させましょう。

転落死の因果関係が不明確な場合、JRは自殺と判断して遺族に高額の賠償金を請求してきます。
日本は本当の自殺を変死扱いにし、殺人を自殺にしてしまう変な国です。

巷間の意見>>
………………………………
この判決は、介護する家族には監督責任がある。
ただし要介護1で介護する奥さんや遠距離で意見言うだけの子供まで責任は負わせられないでしょう、という判決。

結論。家族に認知が出たら、自分が要介護でもない限り絶対何が何でも介護なんて引き受けてはならない。
………………………………

(T-T)ノ~ 連帯保証人制度と同じですね。引き受ける奴が馬鹿。

巷間の意見>>
………………………………
1審 地裁 目を離さず見守ることを怠ったと妻の責任を認定、長男も事実上の監督者で適切な措置を取らなかったと認定
2審 高裁 長男は20年以上別居しており監督者に該当しない、妻の責任は1審に続き認定

最高裁 長男も妻も監督者に該当しない

※ でも例えば、息子夫婦と同居で、息子の嫁がべったり介護してる場合には、監督者と認定される可能性があります
………………………………

(T-T)ノ~ 「介護すると馬鹿を見る」ということです。

バカの意見>>
………………………………
なぜ、双方の弁護士が国を巻き込まなかったのか、
実際の事件でないと最高裁は判断しないのだから、国を巻き込む
良いチャンスだったのに、弁護士はバカか。
………………………………

(T-T)ノ~ そんなことしたら裁判官や弁護士が自分の立場をやばくするだろ。安倍が首相をやっている国だぞ。バカはこいつ↑。

巷間の意見>>
………………………………
マメに介護すればするほど、監督責任者と認定される可能性が高くなります
介護したら負け、そういう判決です


精神障害者と同居する配偶者であるからといって,その者が民法714条1項にいう「責任無能力者を監督する法定の義務を負う者」に当たるとすることはできないというべきである。

ある者が,精神障害者に関し,このような法定の監督義務者に準ずべき者に当たるか否かはその者自身の生活状況や心身の状況などとともに,
精神障害者との親族関係の有無・濃淡,同居の有無その他の日常的な接触の程度,精神障害者の財産管理への関与の状況などその者と精神障害者との関わりの実情,精神障害者の心身の状況や日常生活における問題行動の有無・内容,
これらに対応して行われている監護や介護の実態など諸般の事情を総合考慮して,
その者が精神障害者を現に監督しているかあるいは監督することが可能かつ容易であるなど衡平の見地からその者に対し精神障害者の行為に係る責任を問うのが相当といえる客観的状況が認められるか否かという観点から判断すべきである。
………………………………

(T-T)ノ~ 認知症老人の介護放棄も増えそうですが、精神異常者の独居も増えそうですね。
現在も独居が多いので、精神異常者を持つ家族の常識かも知れませんが…。

巷間の意見>>
………………………………
この判決は正しいだろ。
自分の親や嫁が認知症になった時に、自分の人生を捧げて監視しなきゃいけない(とはいえ鎖につなげちゃいけない)とか無理ゲーすぎる。
自分が認知症の人にひどい目にあわされた時に、野良犬に噛まれたと思って泣き寝入りするリスクと引き換えにこの判決を受け入れるべきだと思う。
………………………………

遺族は相続財産手にいてるんやで?
おじいさんからもらった財産使えば払えるんじゃないのか?
JRに賠償金はらってもおつりあるよな?
遺族に払わせても遺族が損するわけじゃないやん?
………………………………

(T-T)ノ~ 今回の判決は結果として息子丸儲けでしたが、息子にしたところで最高裁まで頑張ったのでそれなりに心労は甚だしかったでしょう。
遺産がらみの家族争議を抱えていたようですが、家族にしか知り得ない情報に関しては判らないので是非を問うコメントはできません。
ただ、資産家でない家族が加害者として今回のような事件に巻き込まれたらどうなるのか?
弁護団を付けて最高裁まで粘るなんて無理ですよね。

被害者がJRみたいなところではなく零細な個人だった場合の補償はどうなるのか?

今回の判決は何ら解決策を示していません。

私の推測ですが、本来は最高裁は高裁判断を支持するつもりだったが、世間の関心が集まりすぎたので、躱す作戦に出たものと思われます。
韓国の裁判所と同じです。
アベノミクス破綻の影響でしょう。株価がもう少し高かったら確実にJR勝利でした。

巷間の意見>>
………………………………
こういったリスクのコストを鉄道会社に全て負担させるのなら結局、これからは運賃上げなきゃ無理ってなるんじゃないのか
………………………………

(T-T)ノ~ コストを下げるためには経営努力が必要。
今後、認知老人を轢いた場合、駅員は素早く車体を水洗いして平壌運転ということで…。
警察にも協力してもらい、ホームにモニターを設置して、現場検証はそれで確認して簡略化するしかないですね。
死体処理はJR職員ではなく入札で処理業者にやらせて処理コストを下げよう。
現場作業員は派遣社員かバイトです。外国人の実習生を使えば人件費を抑えられます。
処理代は2万円以下に抑えて家族に請求しましょう。拒絶する家族も出そうだけれど…。

(T-T)ノ~ これは悪い冗談ですが、認知症問題は極めて深刻なのに、政府の無策ぶりは洒落にもなりません。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[ 2016/03/02 08:20 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/6904-ed49c09d