若宮啓文・元朝日新聞主筆が不審死!ソウル経由で北京入りした直後! 

【訃報】若宮啓文・元朝日新聞主筆が死去
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461873291/-100

≪朝日新聞社で論説主幹や主筆を歴任したジャーナリストの若宮啓文(わかみや・よしぶみ)さんが28日、訪問先の北京市内のホテルで亡くなっているのが見つかった。
68歳だった。
シニアフェローを務めている公益財団法人・日本国際交流センターから家族に連絡があった。
現地の警察当局によると、外傷はなく、病死とみられる。北京で28、29両日に開かれる日中韓3カ国のシンポジウムに出席するため滞在していた。
 

27日、ソウルから北京入り。同センターのスタッフと北京で合流したが、同日夜から体の不調を訴えていたという。28日昼過ぎ、電話をしても応答がないことを不審に思ったスタッフがホテルの従業員と部屋を確認したところ、浴室で倒れていた。

1970年に朝日新聞に入社。長野支局時代に、部落差別の現状を伝える連載キャンペーンを展開。加筆して著書「ルポ現代の被差別部落」を刊行した。

75年に配属された政治部では、宮沢喜一氏らの宏池会などを担当した。

2002年に論説主幹に就くと、「闘う社説」を掲げる一方、国際社会の中で日本がとるべき針路を改めて問うた。
07年の憲法記念日に21本の社説を一挙に掲載した「提言・日本の新戦略――社説21」を主導。憲法9条は堅持しつつも、新しい平和安全保障基本法で自衛隊の役割を位置づけるべきだと主張した。

小泉純一郎首相の靖国神社参拝では、読売新聞の渡辺恒雄主筆と雑誌「論座」で対談。両紙を代表する2人が足並みをそろえて「参拝反対」を訴えた。

12年3月には、大統領復帰直前のロシアのプーチン首相と海外主要紙幹部とともに会見。日ロ間の領土問題について、プーチン氏から「引き分け」で解決しようとの発言を引き出した。

朝日新聞退社後も追い続けたのは、日本の保守政治の「アジア観」だった。

日韓国交正常化50年の昨年、旧著に加筆して「戦後70年 保守のアジア観」を出版。昨年度の石橋湛山賞を受賞した。日中韓を中心とする国際交流に尽くし、韓国の大手紙・東亜日報にもコラムを書いていた。≫

情弱の意見>>
………………………………
ネトウヨって、けっこう純朴なヤツ多いんだな
若宮がほんとに病気で死んだとか書いてるヤツが何人もいて驚いた

若宮はもう朝日新聞の主筆ではないから
中国共産党にとってはプロパガンダ要員としては無用なのよ
現役の時には、野党の党首などよりずっと有用だったわけだけれどな

それで無用になったまま、年食っていくヤツを生かしておくと
買収の証拠やスパイとしての証拠がバレる可能性が年々大きくなっていくわけな
中国では「史記」の昔からスパイが用なしになった時には始末されるという格言がある
「狡兎死して走狗烹らる」

これだけ書いたら若宮がなぜ中国共産党に始末されたか?
わかるだろ
………………………………

(T-T)ノ~ ネット上では朝鮮人が偽装したバカウヨが跋扈して故若宮氏に対して罵詈雑言を書き込んでいますが、日本人の感覚ではないです。

工作員は意図的に朝日新聞は中国寄りと偽情報を流し、情弱のバカウヨは真に受けていますが、朝日新聞は戦前からユダ金の支配下です。

情弱の意見>>
………………………………
捏造従軍慰安婦記事でどれだけいまだにこの日本国の利益を害してきたことか!
こいつの轍を踏ませない為にも早急に福島瑞穂と植村隆を喚問しろ!
………………………………

(T-T)ノ~ これも米国様の指示。両氏もCIAの工作員。

巷間の意見>>
………………………………
先週の朝鮮日報www 最期の新聞掲載www

朝日新聞の若宮啓文・前主筆は
「広島は日本の被害ではなく、人類全体の悲劇を象徴する場所であり、米国の大統領が訪問するのは『核廃絶』のメッセージを発信するうえで基本的に望ましい。広島には韓国人被爆者も多かった」と述べた。
ただ「右派の首相が政権の座に就き、米国との防衛協力を増強している時期でもあるので特に中国や韓国などに波紋を呼ぶのだろう」とも述べ、
「その意味でも日本の首相の中国・南京への訪問、天皇の韓国訪問が可能な状況であれば、より望ましい」

と述べた。
………………………………

(T-T)ノ~ 朝日新聞から朝鮮日報に転職してたんですかね?

バカウヨの意見>>
………………………………
ネトウヨだが、コイツには感謝している。
コイツの提案してくれた、WC日韓共催によって、韓国が如何に腐った国であるか白日のもとに晒され、
当時変人扱いされた嫌韓が今では大多数を占めるようになった。
また、従軍慰安婦とやらも、コイツが、「朝日新聞もこれを熱心に報じた時期があった。
中には力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」
といったことがダメージになった。
さらに、所謂安倍への批判は社是発言により、朝日新聞が偏向していることを明白にしてくれた。

正直わざとやってんじゃないかと疑いたくなるほど、脇が甘いサヨクだった。
コイツが騒いだ後は、ネトウヨ勢力が強くなる一方だったw

実は、安倍の回し者だったりしてwwwまさかそれでシナにポアされたとか。。。。
………………………………

(T-T)ノ~ バカウヨにしては勘がいいな。

バカウヨの意見>>
………………………………
コイツは中国で死ぬ(殺される)事に意義があったんだろうな。
死ぬ事が最後の仕事ってのも工作員の最後としては最もふさわしいと思う。
………………………………

(T-T)ノ~ 見せしめの可能性もありますが、誰に対してか?
中国側からの米国様に対する警告だったのかもしれませんね。
あるいは若宮氏が本当に中国側に寝返ったのか?
日本はユダ金工作員だらけですから中国工作員なんて日本では一般人に紛れてでないと活動できません。
日本が米国様の属国で、すでに政財官マスゴミの中枢が朝鮮人成りすましに入れ替わっている現状で,中国工作員がどうのこうのと書き立てている奴は自民党工作員か情弱馬鹿かの何れかです。
米国様のきつい監視下の中、中国工作員が日本で堂々と活動するなんてことはあり得ません。

バカウヨの意見>>
………………………………
朝日新聞というのは汚いメディアでね
創業家の村山家は、三菱、三井の両財閥と縁戚関係なのよ。
またゾルゲや尾崎だけでなく、佐々つながりで玄洋社、岡部=村山で大政翼賛会も主催
戦後の捏造売国史観そのものも朝日新聞のインチキであろうことが容易にわかる
………………………………

(T-T)ノ~ 何を勘違いして本当のことを書いているんだ?

朝日が自民党とグルだとバレちゃうだろ。

自民党工作員の書き込み>>
………………………………
>>184 若宮も内ゲバ当事者だしwww センテンススプリングは2012年から頑張っていたの

2012年 スプリングセンテンス
http://d.hatena.ne.jp/akane-fukushima2/20120509/1336552873

 「主筆」とは読んで字のごとく、朝日の社詮を決定する最高責任者の意味だが、若宮氏の影響力はそれにとどまらない。
 三月初め、ロシア大統領のプーチン氏(当時首相)は野田佳彦稔理よりも早く若宮氏との会談に応じ
 北方領土問題について踏み込んだ議論を交わtている。
 いまや若宮氏は日本を代表するオピニオンリーダーであり、国家の政策や外交にも大きな影響力をもつ人物である。

 そんな若宮氏について、驚くべき情報がもたらされlた。
 朝日新聞社幹部が告白する。
 「若宮氏が主筆に就任する前、二〇〇八年二月のことです。
 当時、論説主幹だった彼が、中国出張に女性秘書の加藤洋子(仮名)を個人的に同行させ
 しかも会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していたのです。
 後日、社の内部監査室による調査で不正が発覚したのですが、彼はこれを認め、全額を会社に返済しました。
 金額は数十万に上るヒ言われています」

 不正が発覚した疑律について、ある朝日新聞OBが解説する。
 「〇九年、朝日が東京国税局の税務調査を受けた際、京都総局長が社内の飲み食いに使った金を取材費として計上していた
 こどが発覚した。そのため数億円単位の修正申告をさせられ、総局長一派も更迭されました。
 その後、秋山耽太郎社長はr内部監査室』をつかって社内のカネの流れを洗ったのです。
 論説委員室も例外ではなく、徹底的に経費を再チェックした。その際、若官の不正が発覚したのです。

 中国にも支局はあるのだから、雑務に困ることは基本的にない。
 女性秘書を連れていく理由は見当たりません。
 会社の軽費として認められないのは当然です」
………………………………

(T-T)ノ~ コピペですが元記事を載せた奴は変換ミスが多いので中国人か朝鮮人のようですね。普通の日本人なら、 OCRベタ貼りのこんな粗い仕事をしません。

若宮啓文氏のご冥福をお祈りします。

 


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 


人気ブログランキングへ


作品紹介 内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

日本超古代史研究 上・中・下   悟り 

joukanchuukangekan悟り
スポンサーサイト
[ 2016/04/29 09:23 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7021-d7926d5c