スコットランド政府EU残留を決断でイギリス再び分裂騒ぎ 

(。-д-。)ゞ
スコットランド、EU残留を決断=行政府首相
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1467212021/

 (;´д`)ゞ
≪ブリュッセルを訪問中の英スコットランド行政府のスタージョン首相は、国民投票では欧州連合(EU)離脱の結果となったが、スコットランドは残留する意向を明らかにした。

欧州議会のシュルツ議長との会談後、同首相は記者団に対し「スコットランドはEU残留を決断した」と述べた。
シュルツ議長は「拝聴し理解した」と述べた。≫
 

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
英国がスコットランドの自治権の今以上の拡大を認め、EU
残留する事も認めた上でじゃないと「スコットランド単独残留」
する目はゼロなんよな。
住民投票で独立したとしても、ゼロからEUの加盟手続きをやらにゃ
ならんのよな。
………………………………

(´・Д・`) この会のドタバタは最初からEUとのなれ合いですから、EUが却下すればそれでおしまいですね。

EU離脱問題、スコットランド「独立」再燃か…住民投票準備も 連合王国分裂の可能性が浮上
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1466848398/

≪スコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首席大臣は24日の記者会見で、英国のEU離脱は「受け入れられない」と語り、「英国からの独立を問う住民投票が大いにあり得る」と述べた。
自治政府として、必要な法案の準備に着手する考えも明らかにした。

スコットランドでは全32地区で残留支持が上回り、「残留」の得票率は62%に達した。
スコットランドは特産品のウイスキーなどをEU諸国向けに輸出しており経済的結びつきが強い。

残留支持が多かった北アイルランドでも、住民投票を求める声が上がっている。

イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドからなる連合王国分裂の可能性が浮上してきた。≫
 

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
移民難民がどれだけその国を蝕んでいるか。
メディアではなく、現地に住む人の真実の声を聞けば今回の結果には納得できます。

>なぜEUを脱出したいかというと、EUから人が山の様に来てしまって、病院や電車が混む上に、学校の教室が足りないから。年に18万人も来る。そして帰らない。
ビザいらないので。ブルガリアとルーマニアからは年に5万人も来る。月収5万円ぐらいの国だから皆イギリスに来たい。

日本の人は知らないと思うのだけど、EUの人がイギリスに移り住んだ場合、税金一円も払ってなくても医療費も学校も無料。通訳まで付けてもらえる。
病院は年間予算が決まっているから沢山治療しても予算が増えるわけではない。学校も同じ。人が増えれば増えるほど苦しくなる仕組み。

EUから人が来る場合、EU市民なら誰でもイギリスに移住できるので、元犯罪者とか、テロリストの可能性がある人も入ってこれちゃうんです。
しかも犯罪者を強制送還できない。EUの決まりがあるので。チェックが機能しません。加盟国(特に新規)には超いい加減な国も多いので庶民的には怖い。

そしてイギリス有権者がEUから脱出したい理由は、移民問題の他に、EUのエリート官僚がバカげた法律(掃除機の吸引力とか)を決め、イギリスに金ばかり よこせといってきたことへの怒りがある。自分達の税金がスペインやブルガリアの高速道路になり、自国の病院や学校のレベルは悪化。
………………………………

(´・Д・`) 日本も日英同盟を復活させて、イギリスに移住というのは?

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
EUにしても経済基盤が弱いスコットランドなど要らない。
北海油田も自国の領土にあっても油田所有者はイングランド。
独立しても路頭に迷うだけ。
………………………………

(´・Д・`) 日本で言えば東北地方ですからね。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
ロンドン独立なんて、さらに訳の分からない運動も。
………………………………

(´・Д・`) シンガポールは成功してますから、都市国家もありか。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 

人気ブログランキングへ

作品紹介内容の詳細はここをクリック
画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります
未来紀 日本超古代史研究 上・中・下 悟り

miraiki2100Ajoukanchuukangekan悟り


スポンサーサイト
[ 2016/06/30 08:05 ] 事件簿 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7134-7b75d56c