トルコクーデターは自作自演で仕掛けたのはやりユダ金か? 

(。-д-。)ゞ
トルコでクーデタ、政権と軍がそれぞれ勝利宣言 大統領「将校を逮捕」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1468648255/

(;´д`)ゞ
トルコで16日未明までに軍によるクーデターの動きがあり、政権側と軍の双方が勝利を宣言した。エルドアン大統領は当局による将校の逮捕が始まったと発表した。主要各都市ではデモ隊が進行中のクーデターに抗議するなど混乱が続いている。
エルドアン大統領はイスタンブールのアタテュルク国際空港で、同国南西部沿岸にあるマルマリスのホテルに滞在していたが、そこを離れた後に同ホテルで爆発があったとも明らかにした。
イスタンブール上空では戦闘機が低空を飛行し、複数の装甲車両が欧州とアジアをつなぐボスポラス橋を封鎖。銃声が鳴り響き、政権を支持する市民らが通りに出てきた。アタテュルク国際空港は全便が運航を停止した。
テレビ局CNNトゥルクのキャスターは、軍の兵士がイスタンブールにある同局が入る建物に立ち入ったと伝えた。「どのくらい放送が続けられるかわからない。5~10分ほど前に兵士が入った」とキャスターが述べた数分後、スタジオからは人影が消えた。
首都アンカラでは議会建物に爆弾が投げつけられた。米大使館によると、銃撃音や爆発音が聞こえたという。軍用機とみられる航空機が約1時間にわたり低空を飛行したともしている。
大統領の関係筋によると、クーデターの主導側が奪取したヘリコプターがF16戦闘機に撃墜されたという。
米大使館は米国人に対し、大使館や領事館に行かずに安全な場所に身を隠すように呼びかけている。
軍は当初、国営放送TRTのキャスターに読み上げさせる形で声明を出し、エルドアン大統領率いる政府から権力を奪取して戒厳令を敷いたと発表。一方、トル コの国家情報機構の報道官はCNNに対し、クーデターは失敗したと主張した。ただ、現地からの映像によると、依然として軍とデモ隊の衝突が続いている。
エルドアン大統領は先ごろ、ビデオ通話アプリを通じてのテレビインタビューで、インタンブールやアンカラの広場に繰り出すよう国民に促し、「軍に答えを示してほしい」と訴えた。イスタンブールでは多くのデモ隊が軍用車の配備されている地域に繰り出した。
またユルドゥルム首相も国営アナドル通信に対し、クーデターは「民主主義と国家の主権意思に対する挑戦」であり、クーデターを試みた者は「最大限の代償」を支払うことになると述べた。
クーデターの首謀者は現時点で不明。エルドアン大統領は米国在住の宗教指導者、フェトフッラー・ギュレン氏の影響を受けた軍の部隊がクーデターを企てたと主張。だが、同氏の関連団体は「そのような主張は断固否定する」と述べた。
米国のケリー国務長官は「米国はトルコで進行中の事態を深い懸念を持って注視している」とする声明を発表。またトルコのカブソグル外相と会談し、民主的に選ばれたトルコの文民政権と民主制度にする米国の支持を伝えた。
英国など各国も状況を注視している。トルコは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で、イラクや隣国シリアでのISIS掃討作戦のために空軍基地を提供している。 ≫

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
大統領は国民に、表に出てクーデターを妨害するように命令する
従わない奴は秘密警察に捕えられるだろうから、しぶしぶ国民は従う
クーデター側は、行動を邪魔されるのを我慢できずに市民を殺害する
クーデター側が民主主義を脅かす敵として悪役になる
大統領は自ら血を流すことなく、軍を粛清して支配を強化できる
………………………………

(´・Д・`) とんでもない大統領ですね。軍の若手将校が切れちゃうのも納得です。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
ロシアに歩み寄ってたのはエルドアンというより軍部の方だったん?なにがなんだかよく分からないなぁ。

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36068068.html
今のトルコは日本同様に米戦争屋の属国ですが、そこでなぜ、軍事クーデターが起きたのでしょうか。そのヒントは、先日、トルコ空軍はロシアと和解、トルコの空軍基地をロシアが使用することに合意しています(注4)。
この事実は、トルコ空軍に、アンチ・エルドアン幹部がいることを意味します。おそらく、トルコ軍部は米戦争屋系のエルドアン派と親ロシア派に分裂しているのでしょう。親・米戦争屋のエルドアンはシリア内のIS(米戦争屋の敵役傀儡武装集団)
を秘かに支援していましたが、この秘密を露プーチンに暴かれています。しかしながら、トルコ軍には親プーチン派もいたわけです。
………………………………

(´・Д・`) 軍隊の不満分子を煽ったのは確かでしょうが、仕掛けたのはユダ金でしょう。
ユダ金としては戦争屋以外にも石油マフィア系も暗躍していますが、本命は金融屋でしょう。空売りで稼ぐためで株価を下げる目的と思われます。
この手の操作が一番効くのが日本。また、ユダ金にカモられちゃいますね。

<丶`∀´>   自民党工作員の書き込み>>
………………………………
民主主義による公正な選挙でイスラム原理主義政党が勝利する→世俗主義の軍がクーデターを起こして政権を潰す

トルコの政治史はずっとこの繰り返しだった
今回もイスラム原理主義者であるエルドアンを軍がクーデターで潰そうとしたが、エルドアンは今までの政権よりずっと強い政治家だから潰せずに失敗した

イスラム原理主義を望んで原理主義政党を選挙で勝たせ続けてきたトルコの人々の民意は、軍による弾圧で何度も踏みにじられ続けてきた
もうこれ以上民意を踏みにじらせてはならないし、民主主義を守るためにエルドアンを応援すべきだ
エルドアンこそクーデターを阻止してトルコの民主主義を守ってみせた英雄だし、今回のクーデター失敗をきっかけにトルコはイスラム原理主義への道を突き進むことになるだろう
………………………………

(´・Д・`) 自民党工作員=ユダ金工作員だからな。

(。-д-。)ゞ
トルコクーデター、死者260人超え
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1468679884/
(;´д`)ゞ
≪エルドアン大統領に不満を抱く国軍内の勢力が大統領失脚を目指し、クーデターを試みたが、トルコ軍の参謀総長代行は16日、「クーデターは失敗した」と宣言。写真は反乱部隊制圧で国旗を掲げる人々。

 【カイロ時事】トルコで15日から16日にかけ、エルドアン大統領に不満を抱く国軍内の勢力が大統領失脚を目指し、クーデターを試みたが、トルコ軍の参謀総長代行は16日、「クーデターは失敗した」と宣言した。

 トルコ軍は、クーデター参加者104人を殺害したと明らかにした。首都アンカラや最大都市イスタンブールではクーデターを阻もうとした市民との衝突などが相次ぎ、ユルドゥルム首相によると、クーデター参加者とは別に161人が死亡し、1440人が負傷した。

 トルコを覆う不穏な空気はまだ完全に消えておらず、トルコ政府は新たな政権転覆の動きへの警戒を強めている。エルドアン大統領は16日、ツイッターを通 じ国民に対し「(家に戻らず)何があろうと今夜は通りにとどまるべきだ。いつ何時、新たな炎が燃え上がるとも限らない」と訴えた。

 クーデターに同調したのは軍内の一部にとどまった。反乱分子に拘束されていた軍参謀総長は16日、治安部隊に救出された。クーデターに絡み、全土で軍人2800人以上が逮捕されている。アナトリア通信は、軍本部にいた多数の軍人が武装解除の上、投降したと伝えた。

 しかし、ロイター通信によると、「自国の平和運動」を名乗る反乱分子は電子メールを通じ、今後も戦いを継続する姿勢を強調。北西部ギョルジュクの海軍基 地では、反乱分子がフリゲート艦に立てこもり、艦長を人質に取ったという。政府は反乱の完全鎮圧に向け、全力を挙げる方針だ。≫

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
イスラム国(ほかイスラム過激派)のバックはアメリカの工作組織
(※政府傘下とは限らない、国際金融資本など)

金や人材、組織運営のノウハウなどを提供し過激派を裏で操っている。
実はナチスや共産系テロリスト、オウムも糸をたどるとアメリカの工作組織に行き着く。
≪目的≫

①中東を混乱させることで原油価格を高騰させ、ぼったくり価格で化石燃料を日本や中国、欧州に売りつけ、米ドル基軸通貨体制を安定させる。

②イスラム教徒に酷いことをやらせ、イスラムに対する世界の人々の信望を失墜させて、イスラムの勢力を削ぐ。

③イスラム教徒に酷いことをやらせ、イスラム教徒にイスラムの思想(一夫多妻など)を否定させ、イスラムの勢力を削ぐとともに人口も抑制する。

④中東北アフリカで既存の政権(国家体制)崩壊させ、国境をとっぱらい、中東北アフリカにイスラムの教義に基づく統一された宗教勢力を建設するための地ならしをさせる。(当然ISとは別の勢力が統一されたイスラム勢力を建設する。トルコか?)
 最終的にそのイスラム勢力に戦争を引き起こさせることで、大義名分を得て、思想もろともイスラムを解体する(ナチスドイツの時と同じ)。

★アメリカはイスラムを解体しようとしてる★
http://blog.livedoor.jp/omankonamename2001-xvideo/archives/25218846.html

≪ダッカのテロで日本人が標的となった理由≫
① 日本人の国民感情を高ぶらせ、右傾化させ、参議院選挙で自民、公明、大阪維新などの右派を勝たせ、憲法改正へと導く(→中国と戦争)。→現に自民快勝

2013 日揮7人死亡→→内閣支持率8ポイント上昇
2015 後藤さん死亡→→内閣支持率7ポイント上昇
2016 ダッカ7人死亡→→?

② 日本企業の海外進出を防ぎ、日本の貿易収支を悪化させる(→財政破綻後の日本収奪をより強固にする…収奪は経常赤字+通貨安の度合いで決まる。原発爆発も謀略の一環)。これだけ日本人が標的にされればイスラム新興国への進出を日本企業は躊躇する。

≪フランスが標的になった理由≫
①政権が社会党政権だから
左派政権の時に事件を引き起こし左派(社会主義)に対する人々の信望を失墜させ、人心を右傾化させる。

②フランスがカトリックだから
EU(キリスト教主にカトリック)VSイスラム教の宗教戦争を引き起こそうとしてる。
(EUの中でカトリックで大きな戦争ができる強国(核保有国)はフランスしかない。
ドイツはプロテスタントで宗教色が弱い、さらに先の大戦のこともある。
イギリスはEUの中では位置的に辺鄙すぎる、それに英国教会はキリスト教の中では異端) あwr
………………………………

(´・Д・`) まあ、こんなところですね。

(。-д-。)ゞ
【トルコ政変】ユルドゥルム首相 「失敗のクーデター 背景にギュレン教団
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1468670457/

(;´д`)ゞ
≪トルコのユルドゥルム首相は記者会見し、クーデターの試みを阻止した国民や警察官などに感謝の意を示すとともに、イスラム組織、「ギュレン教団」が関わっていたとの見方を示しました。

ユルドゥルム首相は日本時間の午後6時半前に会見し「国民の意思として民主主義を貫き通すことを世界に示すことができた。反乱軍に対して勇敢に反対の声を上げた国民の一人一人に感謝したい」と述べ、クーデターの試みを阻止した国民や警察官などに感謝の意を示しました。

そのうえで「反乱軍のメンバーはすでに司法の手の元にあり、司法の裁きを受けることになる」と述べました。

さらに、クーデターの試みにはイスラム組織、「ギュレン教団」が関わっていたとの見方を示し、「指導者であるギュレン師は相応の罰を受けることになる」と述べて、クーデターの試みに関与した人物には断固とした対応を取る姿勢を示しました。≫


(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
■わかりやすい解説

1)トルコの今のエルドアン大統領はイスラム回帰主義で、ムスタファ・ケマル
以来の世俗主義(イスラム教的社会体制と距離をおき、民主政をすすめる)を否定
政敵を投獄、脅迫し、国民からはSNSをとりあげるなど統制主義をしいてきた
5月末についに首相を更迭

2)トルコ国軍は伝統的に世俗主義の守護者を自認し、政府の暴走に対して
1960年以来、クーデターによって度々路線の矯正をしてきた

3)エルドアン大統領は民主政、世俗主義の味方である軍部を目障りに思い
以前から対決の度合いを高めていたが、今回ついに軍部の一部が決起

4)軍部が敗北。世俗主義・民主主義の大敗北。イスラム回帰主義大勝利!←イマココ

5)軍部の粛清開始。国民の自由の制限。イスラム教義の徹底強化←これから ldd

………………………………
エルドアン大統領「クーデターは神の恩寵、これで軍部を粛清できる」
https://www.neweurope.eu/article/erdogan-calls-turkish-coup-gift-allah-instanbul/

このクーデターは多分エルドアン側の自作自演。
過去トルコで軍のクーデターが成功したのは軍全体が動いたからであって、
今回みたいにホンの一部が反乱起こしたところで鎮圧されるのは目に見えてる。
出来レースクーデターの目的は、エルドアンが軍を掌握し好都合な人事
を強行するなど、独裁制を強化していくための口実作り。

茶番のクーデターを口実に独裁色を強めて軍部を粛清しにかかったら
軍部が怒って本気の抵抗とかし始めたら目も当てられない。
最近プーチンが行方不明だったらしいけど、まさか何か関係してる?
………………………………
あーなるほど。
ということは朝敵安倍チョンと一部の自衛隊員による
自作自演クーデター劇場が日本でも展開されるかもしれないな
………………………………
(´・Д・`) 酷い大統領ですが日本の首相よりはIQが高そうですね。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

神霊科学入門 未来紀 悟り
神霊科学入門Raakuten
miraiki2100A悟り






日本超古代史研究上・中・下

joukanchuukangekan
スポンサーサイト
[ 2016/07/17 04:48 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7165-b82c675b