バカウヨに吉報!馬鹿につけるつける薬開発成功?実は脳損傷回復薬幹細胞移植でした 

<脳損傷回復薬>治験へ 幹細胞注入、米で成果
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1471144704/

≪頭のけがなどで脳の神経細胞が死んだり傷ついたりし、体のまひや言語障害などが出た「外傷性脳損傷」の患者を対象に、加工した骨髄由来の幹細胞(細胞医 薬品)を脳に直接注入して機能回復を試みる治験を東京大病院が近く始める。米国で先行して進められている脳梗塞(こうそく)患者での治験では運動機能や言 語機能の向上が報告されており、回復が難しい脳損傷の新たな治療法になる可能性がある。

この細胞医薬品は、健康な人の骨髄から採取した間葉系幹細胞を加工・培養したもので、再生医療ベンチャー「サンバイオ」(東京都中央区)が開発した。免疫 反応を抑える働きもあり、他人の細胞を移植するにもかかわらず、免疫抑制剤を使う必要がない。移植した細胞は、約1カ月で脳内から消えるという。

米スタンフォード大などの研究チームは6月、この医薬品の安全性確認のために脳梗塞患者18人に実施した治験結果を米医学誌に発表した。これによると、ほ ぼ全員の運動機能が回復し、目立った副作用はなかった。サンバイオによると、治験前は動かなかった腕が頭まで上げられるようになったり、車いすが必要だっ た患者が少し歩けるようになったりしたという。

機能が回復する詳しいメカニズムは不明だが、東大病院での治験を担当する今井英明特任講師(脳外科)によると、傷ついた脳の神経細胞の修復を促す栄養分が 移植した幹細胞から分泌されると考えられるという。東大病院の治験の対象は、脳に損傷を受けてから1~5年が経過し、現在の医療では回復が見込まれない患 者。移植する細胞の数を変えて四つのグループに分け、運動機能の回復状態を1年間、追跡調査する。≫

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
ボケに効果出たら、
世界の神になれる。
………………………………

(´・Д・`) 健康保険が適用されるくらいコストが下がれば良いですね。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
免疫系に攻撃されないのに一ヶ月で脳内から消えるとか、うさんくさすぎ
………………………………

(´・Д・`) 東大病院で治験というのは相当箔が付くと思われますが…。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
バイオベンチャーの時点で胡散臭い
どうせ株価を釣り上げるためにやってるんだろ
………………………………

今から買っても高値で掴まされるだけだぞ
………………………………

(´・Д・`) 早めに買えばまだちょっと上がるかも。
しかし、リスクが大きいですね。


v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
再生医療の診療の流れ
http://www.apoplexy.jp/apoplexy/flow.html

京橋になら自由診療で再生医療を受けれる。
ただ1回200万掛かるとか。

658 :病弱名無しさん:2015/12/01(火) 15:14:43.60 ID:k2YVKeHo0
今日、脳梗塞再生医療で骨髄培養移植治療の大阪市ふくとみクリニックを
見つけました。でも一回目200万、2回目100万って高すぎる。
………………………………

そこで実際に治療受けましたが劇的に回復はしなかったですよ。2回やりましたが、2回目は
なんとなく効果もあった様な?って感じでしたね。急性期に受けられたならば劇的な効果も期待できた
でしょうが回復期以降だと再発防止にしかならないのかな?と感じてます。
最初の診察時に効果がないかもしれないと念をおされましたがこちらも必死でしたのでそれも覚悟の上
でやりました。重度の方でしたら違いが顕著かもしれません。
自分の場合は遠く埼玉から一人で診察と治療に行ける程度でしたから。
………………………………

(´・Д・`) まだ未知の分野ですから、試行錯誤の段階ですね。
200万円を背負った治験希望者が大勢治療を受けてデータを供出してください。

(*・ω・)ノ 巷間の意見>>
………………………………
アメリカで行われたフェーズ1/2aの結果(英語)
http://stroke.ahajournals.org/content/early/2016/06/02/STROKEAHA.116.012995.abstract

Fugl-Meyer motor function total score: mean increase 11.40
サンバイオ社はこれを実績として強調していますが
他の指標でも一応それなりの結果は残せているようです。
フェーズ2bのプライマリーエンドポイントもFugl-Meyer motor functionで測るらしい。

慢性期脳梗塞でFugl-Meyer motor function total score: mean increase 11.40というのが
これまでのリハビリ中心の治療と比べてどの程度の進歩なのかは
プロじゃないのでわかりません。
………………………………

(´・Д・`) 患者は黙って200万円持って来いということで…。

脳細胞の栄養不足でアルツハイマー悪化も
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1440018028/

≪過度の食事制限などによって脳の細胞が栄養不足になると、アルツハイマー病を悪化させる可能性があるとする研究報告を東京医科歯科大学のグループが発表しました。
この研究を行ったのは東京医科歯科大学の岡澤均教授らのグループです。
グループは、細胞の中で異常なたんぱく質を分解する「オートファジー」と呼ばれる機能に注目し、アルツハイマー病のマウスの脳の内部を特殊な顕微鏡で観察しました。≫
 
 ヾ(^ω^) 巷間の意見>>
………………………………
父親にココナッツオイル食わせてたら結構ましになったよ、認知症
うちはレビー小体型だけど
………………………………

(´・Д・`) バカウヨもファーストフードをやめてココナッツオイルでも飲んだ方が…。

人間の脳細胞を持って賢くなった「半人間脳マウス」が誕生
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1417512761/

≪博士は臓器提供を受けた人間の胎児から取り出した未成熟のグリア細胞を子どものマウスの脳細胞に移植し、成長を観察。
すると1年後、マウスに移植された人間のグリア細胞はマウスが元来持っていたグリア細胞に取って代わる形で増殖し、 当初は30万個だった細胞の数は1200万個にまで増加したとのこと。

Goldman博士はその様子について「人間の細胞がマウスの細胞を追い出す形で、マウスの細胞はすき間の部分へと追いやられたように見えます」と語っています。
今回の実験で増殖したグリア細胞は、ヒトの脳では脳神経細胞のおよそ50倍の数が存在し、人間の思考に大きな役割を果たしていると考えられています。ヒト のグリア細胞はマウスのそれよりも10~20倍程度の大きさがあり、信号を伝達する突起状物質を100倍も多く備えているとみられています。≫

(TдT) 巷間の意見>>
………………………………
こっそり、猿もやってんだろ?
………………………………

(´・Д・`) 猿も人もやっていると思いますよ。

 (。_。) ハゲの意見>>
………………………………
脳細胞なんてどうでもいいんだよ。
毛母細胞を移植できるような研究をしろよ。
………………………………

(´・Д・`) 安心しろ、もうすぐ製品化だ。200万円用意しておけ。↓

「ハゲがいない時代」到来? 再生医療の研究に歓喜
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1468836663/

小麦がハゲの原因? ハゲ頭のパン屋さんが、パンを食べなくなって2カ月で髪の毛フサフサに!
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467736729/

<丶x_x> 巷間の意見>>
………………………………
安いパンは食べたらダメ絶対!!
………………………………

(´・Д・`) 1斤100円以下のYパンを買ってマーガリンを塗っているバカウヨが馬鹿でハゲな理由も解明されましたね。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります
神霊科学入門 未来紀 悟り
神霊科学入門Raakuten
miraiki2100A悟り





日本超古代史研究上・中・下

joukanchuukangekan
スポンサーサイト
[ 2016/08/15 08:57 ] 雑学の目 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7223-6afe9b6c