ハコモノ天下り利権の象徴「もんじゅ」遂に廃炉!解体費用込みで2兆円の血税が無駄に 

もんじゅ 10年で6000億円 政府試算、廃炉含め検討
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472434588/

≪管理上の相次ぐミスで停止中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、現行計画に基づいて今後10年間運転する場合、国費約6000億円 の追加支出が必要になると政府が試算していることが28日、分かった。既に約1兆2000億円をつぎ込みながら稼働実績がほとんどなく、政府は菅義偉官房 長官の下のチームで、廃炉も選択肢に含めて今後のあり方を慎重に検討している。

もんじゅの再稼働には、福島第1原発事故を踏まえた高速増殖炉の新規制基準を規制委が作った上で、これに適合させる改修工事が必要になる。
運転には核燃料198体を4カ月ごとに4分の1ずつ交換しなければならないが、もんじゅの燃料を製造する茨城県東海村の工場も新規制基準に対応しておらず、耐震補強などが必要だ。
内閣官房を中心にした費用の検討では、こうした対策費に10年間の燃料製造費や電気代、人件費などを加えると追加支出額は約6000億円に達するという。
停止中の現在も、維持費だけで年間約200億円がかかっている。

政府内には「(原型炉の次の段階の)実証炉を造れる金額。それだけの支出に見合う存続の意義を国民に説明するのは難しい」という厳しい意見など、廃炉論さ えある。原子力機構は2012年、廃炉には約3000億円かかるとの試算をしており、再稼働するかどうかに関わらず今後も多額の国民負担が必至だ。

もんじゅは1985年に着工、95年8月に発電を開始したが、約3カ月後に冷却材のナトリウム漏れ事故で停止した。
10年5月に再稼働したが3カ月半後に燃料交換装置の落下事故が起き、稼働・発電実績は1年に満たない。≫

 \(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
廃炉含めて検討じゃねーよw
廃炉にしろや!
後、もんじゅの責任者は更迭して責任取らせろ
………………………………

(´・Д・`) 責任者はとっくの昔に退職して天下りポストを転々。

もんじゅ廃炉で最終調整 政府が核燃サイクル見直し
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1473740662/

≪政府は十二日、原子力規制委員会が運営主体の変更を求めている日本原子力研究開発機構(原子力機構)の 高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)を廃炉にする方向で最終調整に入った。再稼働には数千億円の追加費用が必要となり、 国民の理解が得られないとの判断に傾いた。核燃料サイクル政策の枠組みの見直しは必至で、関係省庁で対応を急ぐ。

所管の文部科学省は、規制委から運営主体の変更勧告を受け、原子力機構からもんじゅ関連部門を分離し、新法人を設置して存続させる案を今月に入り、内閣官 房に伝えた。しかし、電力会社やプラントメーカーは協力に難色を示しており、新たな受け皿の設立は困難な情勢。政府内では、通常の原発の再稼働を優先すべ きだとの考えから経済産業省を中心に廃炉論が強まっていた。≫

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
あの事故仕組んだの、絶対米国だ。間違いない。当時米国はもんじゅ稼働を遅らせてくれとまで言ってきてた。
………………………………

(´・Д・`) なるほど、これはつじつまが合うな。


もんじゅでぼや
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1473135456/

≪6日午前、敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」の環境中の放射線のモニタリングなどを行う建物でぼやがありました。
火はすぐに現場で消し止められ、放射性物質が外部に漏れることありませんでした。

6日午前9時すぎ、もんじゅの敷地にある環境管理棟と呼ばれる建物で火災警報器が作動しました。
協力会社の社員がかけつけたところ、環境管理棟の中にある環境分析室と呼ばれる部屋のゴミ箱から火が出ていて、社員が消火器ですぐに消し止め消防に通報しました。

日本原子力研究開発機構によりますと、燃えたのは段ボールのゴミ箱と机1つずつで、 放射性物質が外部に漏れるなど環境への影響はなく、けが人もいませんでした。
火が出た環境分析室では、もんじゅ周辺や敦賀市内の土、海水を分析するなど 環境中の放射線量を測定するモニタリングの業務を行っていて、薬品などもあります。

出火の前には作業員が部屋に薬品を取りに入りましたが、出火当時、作業は行われておらず、鍵もかかっていたということです。

原子力機構と消防で出火の原因を詳しく調べています。≫

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
もんじゃ焼き屋で火災があった場合、店が一件潰れるだけだが
もんじゅで火災があった場合、北半球全滅だからな。
………………………………

(´・Д・`) 日本は世界最悪の核保有国。

文科省審議官「もんじゅの運転再開に向けて全力を尽くす」
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1472615051/

≪原子力規制委員会が運営主体の変更を求めている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)を巡り、 文部科学省の板倉周一郎大臣官房審議官が30日、2017年度概算要求の内容説明で福井県庁と敦賀市役所を訪れ、藤田穣副知事、渕上隆信市長と懇談した。 政府内でもんじゅの廃炉を含めた検討がなされているとの報道について、 板倉審議官は「文科省としては運転再開に向けて全力を尽くしているところだ」と繰り返し、再稼働を目指す方針を強調した。≫

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
戦艦大和だな
失敗だと認められない組織の成れの果て
………………………………

(´・Д・`) 文科省は実は海軍省。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
文部科学省「税金ジャブジャブ使える金のなる木は捨てれませんw」
………………………………

(´・Д・`) 将来の天下り先はしっかり押さえておかないと…。

高速増殖炉もんじゅ、機器点検を2カ月放置 担当者「仕事がいっぱいあって忘れた」 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1469177823/

≪新たな運営主体の検討が続く福井県の高速増殖炉もんじゅで、ナトリウムの温度を調節するための機器の点検が計画通りできていなかったことが分かった。

原子力機構によると、高速増殖炉もんじゅのナトリウムの温度を調節する制御盤のコンデンサーについて、今年3月末までに点検作業を終える計画だったが5月末になって点検できていないことに気付いたという。

保守管理のシステムでは警報が表示されていたものの、機構の担当者は「全体の膨大な作業の中で見逃してしまった」と話している。

なお、機構はすでに原子力規制委員会にこの件を報告していて、問題の機器は点検と交換を済ませている。 ≫

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
日本潰すのに原爆いらぬ、もんじゅにノドン撃てばいい
………………………………

(´・Д・`) 北半球がつぶれるぞ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
これが原発ぶらぶら病です
………………………………

(´・Д・`) 感染力が強そうですね。

ロシア、「BN-800型」高速増殖炉の商用発電を開始・高速増殖炉の商用運転は世界初 もんじゅ(笑)
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1455601254/
 
≪ロシアがスヴェルドロフスク州に建設を進めてきたBN-800型高速増殖炉を使用したベロヤルスク原子力発電所(Beloyarsk Nuclear Power Plant)が10日、初の商用発電を開始したことがロシア国営のPravdaの報道で明らかとなった。

現時点において、BN-800型高速増殖炉は最低出力となる235MWの出力での運転となっており、今後、徐々に出力を上げていくことにより、月内にも100%出力運転に移行することを予定している。

BN-800型高速増殖炉はソビエト連邦時代となる1981年に実験炉として運転を開始した冷却材にナトリウムを使用したBN-600型高速増殖炉の既定出力を600MWから864MWに増加させた高速増殖炉としては初の商用炉となる。

ナトリウムは外気に露出すると発火を起こすなど安定性に欠き、管理が難しいことが難点となり、日本が開発した高速増殖炉「もんじゅ」は、1994年に臨界を迎えながらも翌年に発生したナトリウム漏出火災事故の影響から未だに運転再開が困難な状況が続いている。

一方、ロシアは既に、BN-600による35年の運用実績を積み重ねてきており、BN-600の運用で蓄積したノウハウを利用していくことで、BN-800の商用運転にも強い自信を示している。

世界各国の商業原子力発電業界は、長年の商用原子炉の運転で生じた使用済み核燃料の再処理で生成された大量のプルトニウムを抱える状況となっている。
先進国市場では安全性に対する懸念から新規の原子力発電所の建設が控えられる傾向が続くなか、ロシアは、使用済み核燃料の再処理で生成された大量のプルト ニウムを燃料として再び使用することができる核燃料サイクルを実現させた唯一の国として、今後も原子力発電を積極的に推進していくことを計画している。≫

(TдT) 巷間の意見>>
………………………………
漏れるものだとの前提で事を進めるのと、漏らしたらアウトだと思って進めるのとの違いじゃないかな。
元々ロシアには原子力潜水艦で培った技術があるが日本は原子力船むつのたった一度の冷却水漏れで事業を放棄してしまった。
もんじゅ も同じ理由で放棄されてる。
失敗から学んで改善するのが日本の得意技なのに失敗したら次は無いなんて。
原子炉建屋を湿度0の状態に保つもはそんなに難しいことなのか?
………………………………

(´・Д・`) 原子力船おむつ


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

神霊科学入門 未来紀 悟り
神霊科学入門Raakuten
miraiki2100A悟り





日本超古代史研究上・中・下

joukanchuukangekan
スポンサーサイト
[ 2016/09/13 21:22 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7279-8b8df5df