首相官邸が天皇に嫌がらせ!生前退位に悪態吐き突然宮内庁長官の首すげ替え 

首相官邸、天皇陛下のお気持ち表面で不満「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」 人事で宮内庁にてこ入れ図る
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1474796488/

≪宮内庁長官の風岡典之氏が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任する。
天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図ったようだ。
宮内庁幹部の異動は春が通例で、風岡氏も当初は来年3月末まで務めるとみられていた。政府関係者は、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語った。
陛下の生前退位のご意向が官邸に伝えられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められていないと判断し、負担軽減策の検討を進めていた。
そうした中で陛下のお気持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評 ≫

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
安倍ちゃん「天皇を追い出したからもう世界最速級のスピードで永住権を獲得できるお^^」
………………………………

(´・Д・`) 天皇を朝鮮人にしたいんだろ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
有識者メンバーは政府系会議の常連ぞろいらしい。
風岡典之・宮内庁長官の退任後、後任に山本信一郎氏が決まったが、驚くのは、次長として官邸中枢から、西村泰彦氏が送り込まれたことだ。
「宮内庁の人事を官邸主導に切り替えた」のだという。
内閣法制局の人事と同じく、またしても官邸の言いなりになる人事を断行して、独裁色を強めてきた。
天皇陛下を徹底的に首相の下に置いて、管理しようとしているのだろう。
もはや「臣下」でも何でもない。
かつて東条英機にしろ、吉田茂にしろ、「臣下」という意識は強烈に持っていたが、あいにく安倍首相にとっては、天皇を臣下にしたいという野望の方が強いようだ。
「国民主権」が行き過ぎた政治家や自称保守派は、天皇の政治利用しか考えなくなる。
天皇が自らの主体性を発揮すると、暴走だと言い募り、憲法違反の疑いありと、天皇批判を始めるのだ。

だがここで断言しておくが、天皇は「公」の体現者である。

私利私欲で暴走することは絶対にない!

特に今上陛下の場合は、そんな人物ではない。
政府こそが「私」に埋没し、国家の「公」を崩壊させる危険が見えてきたときだけ、天皇は主体性を発揮する。

それを「暴走」と言う者は、そもそも「公」が見えていないからである。

8月8日の玉音放送のお言葉を再読せよ。

すべて「公」に繋がっている。

「疲れたから自分だけでも退位させてくれ」と仰っているわけではないのである。

国民は「お可哀そう」で留まっていてはいけない。
それが有識者会議のメンバーに分かっているか否か?
疑念はあるが、もはや彼ら彼女らの良識に期待するしかない。
………………………………

(´・Д・`) 安倍の親父が「実は俺朝鮮人」て言ってたからな。

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」
http://japanese.joins.com/article/386/80386.html


 \(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」

おいおい、こいつ何様のつもりだ。探し当てて縛り首にしろ。
………………………………

(´・Д・`) 何様も何も、創価学会系の朝鮮人だよ。


 \(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
これで日本の自称保守が天皇陛下の敵だってことがよくわかったな
こいつら愛国でも何でもない
………………………………

(´・Д・`) 昔から街宣右翼は朝鮮人だろ。
ネット上のバカウヨも朝鮮人。

(#゚Д゚) 巷間の意見>>
………………………………
売国奴、国賊安倍自民
もはや許さねえわ
ミンス以上に潰すべき連中だよ
………………………………

(´・Д・`) 米国様の指図で動いているだけですけどね。
日本の中枢をとりあえず朝鮮人に置き換えたいんだろ。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

神霊科学入門 未来紀 悟り
神霊科学入門Raakuten
miraiki2100A悟り





日本超古代史研究上・中・下

joukanchuukangekan
スポンサーサイト
[ 2016/09/25 20:46 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7304-adf6c26d