16歳少女の卵巣から脳と頭蓋骨髪の毛が発見される 

少女の卵巣から小さな脳と頭蓋骨の一部、髪の毛が発見される 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484203720/

滋賀県で16歳の少女が、虫垂炎(いわゆる「盲腸」)の手術を受けていたとき、医師が別の異常に気づきました。
その少女の卵巣には、大きな腫瘍があったんです。その後改めて手術をすると、そこには髪の毛と頭蓋骨、そして脳の一部が入ったテラトーマが見つかりました。
その大きさは幅10cmほどもあったそうです。

寄生性双生児と間違われやすいテラトーマですが、テラトーマは双子の片割れの一部が体の中に残ってしまうわけではなくて、体の他の部分にあるはずの臓器や組織の一部が細胞の異常で形成されてしまう現象です。
一般にそこには、髪や歯、骨、まれに目や胴体、手足が含まれています。
はっきりした原因はわかっていませんが、卵巣内のテラトーマの場合、未熟な卵細胞の異常が原因として考えられています。
テラトーマは卵巣以外に、脳や甲状腺、肝臓、肺などでも見られます。

なので、脳細胞が卵巣のテラトーマから発見されるのも初めてではありません。
でもこの件を論文として発表した滋賀県立成人病センターの医師、新宅雅幸さんがNew Scientistで語ったところによると、このケースでは脳がすごく発達していて、それはかなり異例なんだそうです。

この少女の卵巣から見つかった小さな脳には、脳幹のような構造と、かなり高度に組織された小脳組織が含まれていました。そしてこの「脳」は、幅3cmほどもあり、ニューロン間で電気刺激を伝えることもできたそうです。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ディスカバリーチャンネルでも放送していたね。
娘が急に統合失調症のような発作を起こすようになって、大声で叫んだり
悪魔がいる!とか幻覚、幻聴がひどくて精神病院に入院させられた娘が
いた。 ありとあらゆる検査によって卵巣に毛髪と、歯が生えていてそれが
脳に奇妙な幻覚を起こさせていた。盲腸で切ったら入っていたなんてラッキー
な偶然じゃないか。20歳くらいになってコレがひどくなると統失扱いにされる
所だったな。
………………………………

(´・Д・`) 精神疾患の患者は全身を調べる必要があるな。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
意識の統合情報理論だっけ
あれによると神経の数と繋がりで意識は出来るらしいな
きっとこの脳にも意識があったんだろう
………………………………

(´・Д・`) 意識が発生する過程はまだ謎なんです。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
脳がすごく発達していて、といっても3cmなのか
それじゃ、意識を持つことはないだろうな

万が一、自我を持てるレベルの大きさの脳が体内にあったとしたらどうなるんだろ
………………………………

(´・Д・`) 実は大半の人間は多重人格者。自覚があるかどうかだけの問題です。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
女は子宮で考えるというが、本当だったんだな
………………………………

(´・Д・`) 人間の神経叢は発達しているから脳に準じた機能をしています。
心臓周辺の神経叢も思考できるんです、

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
ある程度組織化された小脳用構造が奇形腫からできるなら、
割と頑張ればiPS幹細胞のような細胞を元にかなり完成形の脳が作れるようになるかもしれない
だって、勝手にこんな小脳っぽいものができちゃうんだから。
………………………………

(´・Д・`) iPS幹細胞で体の一部に副脳を作れば、馬鹿を治す画期的な治療法になるかもな。
タコは足の付け根に8つも副脳を持っているから頭が良い。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

 無料お試し版もあります

チャクラ瞑想術  無料お試し版

スポンサーサイト
[ 2017/01/12 20:42 ] 事件簿 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7518-0ff15fc2