欧米人が汚物扱いする日本の野菜!政府隠蔽国民無知のいつものパターン 

日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされていた
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1484280235/

≪平成27(2015)年7月、イタリアのミラノでスローフード協会が主催した農業関係者の集いに招待されました。
世界80ヵ国から参加した6000人もの若い農業関係者が一堂に集まり、そこで私は、「21世紀は農業ルネサンスの時代だ」というテーマで、肥料、農薬、除草剤を使わない自然栽培で作ったリンゴの話を中心に、安心、安全な農業を復活(ルネサンス)させようというスピーチをしました。

すると講演後に、一人の若者がつつっと寄ってきたのです。立派なあごひげのエジプトの青年で、真顔で私の目を見つめ、こう言ってきました。

「木村さん、日本の寿司や和食はとても有名です。でも、本当に安心して食べられるのですか?」
日本の和食は平成25(2013)年にユネスコ無形文化遺産に登録され、ローカロリーでヘルシーということもあって、世界の多くの人から愛されています。なのにこの青年はなにを言ってるのだろう。
もしかして福島第一原発の事故による放射能汚染のことが心配なのかなと思って聞いてみたら、
「いいえ。チェルノブイリ原発事故の例があるから、放射能汚染の深刻さはわかっています。
それではなく野菜の硝酸態窒素の問題です。日本では硝酸態窒素が多く含まれた野菜をいまだに売っていると聞いています。
なぜ日本人はそんなに無防備なのですか?」
と。
すると「そうだ、そうだ!」と言わんばかりに、肌の色の異なった20人ほどのでかい若者たちに囲まれて、
「日本の食材は本当に安全なのか」と、つるし上げを食らったんです。 
皆さんは聞き慣れない言葉かもしれませんが、硝酸態窒素は多くの病気の根源とも言われている怖ろしいものです。
今から60年ほど前のアメリカで、ある母親が赤ん坊に裏ごししたホウレンソウを離乳食として与えたところ、 赤ん坊が口からカニのように泡を吹き、顔が紫色になったかと思うと30分もしないうちに息絶えてしまう悲しい出来事がありました。
ブルーベビー症候群と呼ばれるものです。
牛や豚、鶏などの糞尿を肥料として与えたホウレンソウの中に硝酸態窒素が残留していたんです。
硝酸態窒素は体内に入ると亜硝酸態窒素という有害物質に変わり、血液中のヘモグロビンの活動を阻害するので酸欠を引き起こし、最悪の場合死に至ってしまう。
また、発がん性物質のもとになったり、糖尿病を誘発すると言われている怖ろしいものなんです。

家畜の糞尿は有機栽培でも使われますが、堆肥を十分に完熟させてから施せば問題はありません。
しかし未完熟の堆肥を使うと、とくに葉ものには硝酸態窒素が残ってしまうので危ないのです。

さらに危ないのは化学肥料を施しすぎた野菜で、要注意です。

このような事件がその後も多発したために、ヨーロッパでは硝酸態窒素に対して厳しい規制があり、EUの基準値は現在およそ3000ppmと決められています。それを超える野菜は市場に出してはならない。汚染野菜として扱われるのです。

ところが日本にはその基準がなく野放し。農林水産省が不問に付しているからです。

スーパーで売られているチンゲンサイを調べたら硝酸態窒素、いくらあったと思いますか? 1万6000ppmですよ! 米はどうか? 最低でも1万2000ppm。高いほうは……とんでもない数値でした。ここには書けません。皆さん、パニックになってしまうから。

それに比べて自然栽培農家の作ったコマツナは、わずか3・4ppmでした。

農薬も問題です。日本は、農薬の使用量がとりわけ高い。平成22(2010)年までのデータによると上から中国、日本、韓国、オランダ、イタリア、フランスの順で、単位面積あたりの農薬使用量は、アメリカの約7倍もあります。

残留農薬のある野菜を食べ続けると体内に蓄積されていって、めまいや吐き気、皮膚のかぶれや発熱を引き起こすなど、人体に悪影響を及ぼすとされています。日本の食材は世界から見ると信頼度は非常に低く、下の下、問題外。

もう日本人だけなのです。日本の食材が安全だと思っているのは。

ヨーロッパの知り合いから聞いた話ですが、日本に渡航する際、このようなパンフレットを渡されたそうです。

「日本へ旅行する皆さんへ。日本は農薬の使用量が極めて多いので、旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害するおそれがあります」


(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
ふーん。
で、どこの国の農産物が硝酸態窒素が無いの?
そもそも日本人の寿命は世界一長いのだが?
 
よくある日本貶し記事。ツマンネ
………………………………

(´・Д・`) 欧米人は食の安全に敏感でうるさいんだよ。
日本人だって中国や韓国産なら農産物の汚染を心配しているだろ。


(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
今年は2400万人を超える訪日観光客が日本の食い物を食べましたとさ
何でわざわざ来るのでしょう
………………………………

(´・Д・`) 大半が中国人なんだが…。中国から見れば日本の野菜は安全。

(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
まあ欧州は、日本の鰹節は毒扱いして輸入禁止で、そのかわり中国から乾燥した魚を輸入しているw
で、鰹節使わない中国人コックが作った和食を食って、
和食って言うほどたいした事ないな って納得しているw

これが欧州の人間w
………………………………

(´・Д・`) 黴を警戒しているんだよ。神経質な奴は日本酒の麹も疑っている。

カツオ節は毒物?EUが輸入を認めない理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaatsuo/20141221-00041692/

(‘ё`) 情弱の意見>>
………………………………
それほど気を使って毒の無いものばかり食う欧米人はなぜ日本人より早く死ぬのか?
………………………………

(´・Д・`) 平均寿命は大差ない。欧米の方が寝たきり老人は圧倒的に少ない。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
硝酸態窒素は肥料に含まれていて、日光で植物性タンパクに変る
しかしビニールハウス栽培で日光が不足で、しかも短期間栽培だと
根、茎、葉に残ってしまう

硝酸態窒素はガン、糖尿など万病の元になる危険物
川の上流に畜産場やビニールハウスがあると、糞などで汚染される
汚染された川や地下水を水源にしている水道は危険だ
熊本市は地下水の水道だから硝酸態窒素は欧州の基準の10倍もある
東京で2倍くらい
当然熊本県の透析患者比率は全国一位だ
同じ九州でも米どころの佐賀なんかは安心。きっちり肥料の管理してる
から。昔から野菜を作ってきた徳島なんかもきちんと肥料の管理してる

まあ九州は大昔からチョンの王国だから競争心がすごくて量さえたくさん
できればいいと思ってるからな。質で無く
………………………………

(´・Д・`) ビニールハウス野菜が特に危険なんです。


v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
窒素はあらゆる作物を育てるうえで最も重要な成分だ。
それが過剰なら硝酸態窒素は簡単に生まれる。
日本は硝酸態窒素にろくな規制が無いので、欧米から笑いものになっている。
………………………………

(´・Д・`) そういうことなんです。

(TдT) 巷間の意見>>
………………………………

…ミョウバンとか、トランス脂肪酸とか
日本は規制が遅れてる。
国民より企業のほうが大事だからな。
……………………………

(´・Д・`) マーガリンとショートニングは止めてほしいですね。安いパンには全部入っている。安いパンで入っていないのはセブンイレブンの「金の食パン」くらいです。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

 無料お試し版もあります

チャクラ瞑想術  無料お試し版

スポンサーサイト
[ 2017/01/13 20:19 ] 事件簿 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7520-34b79232