アベノミクス人づくり革命で一億玉砕 友達天国 


【アベノミクス/一億死ぬまで働け】人づくり革命 真の狙いは高齢者を働かせ年金給付回避

≪厚労省によれば、70歳以上の働く高齢者の数は20年前より440万人も増加し、それでもまだ「働きたいが働いていない高齢者」の割合は70代前半で27%に達する。 

「年齢に関わりなく働き続けるエイジレス社会を実現する」 

 政府の「働き方改革実現会議」は今年3月にそう決定した。一見、高齢者にとって歓迎すべき方針に思える。だが、それに合わせるように内閣府の別の有識者会議(「高齢社会対策の基本的在り方等に関する検討会」)では年金の75歳受給の議論が始まっている。 

「働き方改革」とは、高齢者を“まだまだ現役”とおだてて75歳まで働かせ、その間は年金を支給せずに、保険料を納めさせようという意味がこめられている。 

 安倍政権は内閣改造のたびに政策の看板を掛け替え、「健康長寿社会」「一億総活躍」「働き方改革」など耳当たりの良い言葉を並べてきた。その言葉のひとつひとつに高齢者狙い撃ちの政策が隠されている。 

 8月3日に発足した今回の“仕事人内閣”が掲げたのは「人づくり革命」だ。 

「どんなに貧しい家庭に育っても、希望すれば高校にも、専修学校、大学にも進学できる。子供たちの誰もが夢に向かって頑張ることができる日本でなければなりません。人づくりこそ次なる時代を切り拓く原動力であります」(6月19日、安倍首相記者会見) 

 この言葉を聞く限り、人づくり革命は経済的に苦しい家庭への就学支援を増やすことだと想像するが、それは方便にすぎない。具体的な施策を議論するために内閣に設置された有識者会議「人生100年時代構想会議」の名称が“革命”の正体を端的に表わしている。 

 真の狙いは、年金・医療・介護を合わせた社会保障制度を「革命的」に大転換させることにある。“革命担当”の茂木敏充・経済再生相がこう語っている。 

「高齢者を中心にした給付の社会保障制度から、全世代型の社会保障に改革していくことが求められている」(8月4日の会見) 

「全世代型の社会保障」とは小泉進次郎・筆頭副幹事長らが中心にまとめた自民党「2020年以降の経済財政構想小委員会」の中間報告にある考え方だ。中間報告を紐解くと、「人生100年時代」に向けた社会保障制度の全体像がこう書かれている。 

〈現在の社会保障は、高齢世代に90兆円程度、子供世代に20兆円程度、現役世代に20兆円程度を支給している。限られた財源の中で、子育て支援を含め全世代型の社会保障に転換するためには、国民の資産や所得をきめ細かく把握し、年齢ではなく、所得や資産などに応じた給付・負担とすることが必要である〉 

 との認識に立ち、公的年金については、 

〈高齢者を一律に弱者とみなして給付するのではなく、所得・資産が低く、真に支援が必要な高齢者に対し、充実した給付を行う仕組みとする必要がある〉 

 もっともらしい論だが、その仕組み次第では、高齢者から年金受給の資格を奪うことにもなりかねない。 

「働き方改革」で高齢者に仕事をさせ、「人づくり革命」で資産を食い尽くすまで年金を払わない。まさに「老前破産」への道だ。 ≫

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
大本営のねずみ講=年金破綻 

特攻隊は行う必要のなかった敗戦濃厚の大戦末期の『大本営』の尻拭い。 
………………………………

(´・Д・`) 長崎の原爆だって。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
そして 一億総懺悔
………………………………

(´・Д・`) A級戦犯は懺悔しないで自民党。国民には総XXを強要するだけ。

\(`o'") 情弱の意見>>
………………………………
下級国民は年金は75歳から支給を検討されていて、事実上年金や生活保護は取り上げられる。さらに法人税は下げられ消費税が上げられる。 

安倍晋三は収賄罪で 
加計孝太郎は補助金詐欺で 
豊田真由子は傷害罪で 

金持ちや権力者の上級国民でも逮捕しろよ、腐敗警察検察!!! 
………………………………

(´・Д・`) 腐敗警察検察なんだからCIAが命令すれば逮捕するだろ。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
週刊文春4月27日号 
加計学園トップの加計孝太郎理事長は安倍首相の40年来の友人で、 
今でもひんぱんにゴルフや食事会をしている。個人的に親しいだけではない。 
首相は子分の面倒も見てもらっていた。 
たとえば、傘下の千葉科学大には内閣官房参与を務めていた元文部官僚(木曽功)が学長として天下っている。 
また、落選中だった萩生田光一(現官房副長官)や 
第一次政権で首相秘書官を務めた井上義行らが、同大学の客員教授を務めていた。 

安倍昭恵夫人が手掛ける事業に対しても加計理事長は多額の資金援助を行ってきた。 
そのお返しか、彼女は学園が神戸市東灘区で運営する認可外保育施設の名誉園長を引き受けている。 
なるほど、安倍首相が「加計さんは俺のビッグスポンサーなんだよ」と自慢するだけのことはある(週刊文春4月27日号)。 

週刊文春4月27日号 
加計学園トップの加計孝太郎理事長は安倍首相の40年来の友人で、 
今でもひんぱんにゴルフや食事会をしている。個人的に親しいだけではない。 
首相は子分の面倒も見てもらっていた。 
たとえば、傘下の千葉科学大には内閣官房参与を務めていた元文部官僚(木曽功)が学長として天下っている。 
また、落選中だった萩生田光一(現官房副長官)や 
第一次政権で首相秘書官を務めた井上義行らが、同大学の客員教授を務めていた。 

安倍昭恵夫人が手掛ける事業に対しても加計理事長は多額の資金援助を行ってきた。 
そのお返しか、彼女は学園が神戸市東灘区で運営する認可外保育施設の名誉園長を引き受けている。 
なるほど、安倍首相が「加計さんは俺のビッグスポンサーなんだよ」と自慢するだけのことはある(週刊文春4月27日号)。 

加計学園が全国で展開する教育事業には、 

2005年度以降だけで約440億円もの公金が流れているという。学園が全国で展開する教育事業には、 

2005年度以降だけで約440億円もの公金が流れているという。
………………………………

(´・Д・`) 加計氏はゴミ学校など作らないで黙って100億円もらっていた方が国民の被害は少ないですね。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
特殊法人、天下り 
3年勤めて退職金含む所得が1億もの税金を負担 

改革はそこからだ
………………………………

(´・Д・`) 工作員役人へのCIAのご褒美だからこれはなくならない。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
介護保険もさ、役所が認定しないようになっててね。 
介護保険を使うことができない人が増えてる。 

非正規雇用で40~50代でリストラ、その後親と同居し、親の年金で暮らしていると、 
親が具合悪くても、認定が下り辛いようです。面倒見れる人がいるじゃんってことで。 

介護保険を取るだけとって、使わせない。年金もそんな感じにしたいんでないか?
………………………………

(´・Д・`) 非正規には年金を出さない。介護保険もない。45歳以上は正規定年で退職と非正規に二託させる。
バカウヨが望んでいたような社会が現実味を帯びてきたな。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
安倍首相「高齢化は重荷ではなくボーナス」 
………………………………

(´・Д・`) 社会福祉予算が減れば自分のボーナスは増えるな。




作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード20000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

※↓この作品は一部過激な表現があるため「成人指定」です。18歳以下のよい子は絶対閲覧しないでください。

昭和暗黒伝 楽天

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[ 2017/08/20 09:21 ] 極右閣下の独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://warabidani.blog81.fc2.com/tb.php/7964-f345ab65