FC2ブログ

バドミントン桃田賢斗今度は女子選手と合宿所で夜這い

バドミントン桃田賢斗、今度は合宿所で女子選手と密会 協会から厳重注意
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539173395/

違法カジノ店通いが明るみに出て、バドミントン・桃田賢斗選手(24)に無期限の試合出場停止処分が下されたのは一昨年4月のことだった。「謹慎」が明けて以降の目覚ましい活躍は知られたとおりだが、またもバド協会から厳重注意を受ける“事件”を起こしていた。

舞台となったのは、東京都北区にある『味の素ナショナルトレーニングセンター(トレセン)』。男子と女子が集って今年5月に行われた日本代表強化合宿中の出来事である。

文部科学省が374億円を投じて建設したこのトレセンには、延べ床面積約3万平方メートルの屋内トレーニング施設のほか、食堂、そして宿泊施設も完備されている。

「そのトレセンでの強化合宿中の、早朝6時頃のことでした。『日本アンチ・ドーピング機構(JADA)』の検査員が、バドミントン日本女子代表のある選手に抜き打ちのドーピング検査を行おうとしたところ、彼女はトレセン内の宿泊施設であるアスリートヴィレッジの自分の宿泊部屋にいなかった」
と明かすのは、協会関係者だ。
この女子選手とは、女子ダブルス日本代表の福島由紀(25)。関係者の証言にあるとおり、JADAのドーピング検査は確実にその選手がいる場所と時間を選び、事前の予告なしで行われる。

当の福島選手が姿をくらましたことで、代表コーチたちは一時騒然となったというが、防犯カメラがすべてを目撃していた。

「カメラに写っていたのは、桃田の部屋から出てくる福島の姿でした。誰もが『夜這い』という言葉を思い浮かべました――」(トレセン関係者)

合宿では桃田、福島、ともにひとり部屋が用意されており、密室でふたりだけの時を過ごしていたということになる。“若気の至り”ではあるが、JADAには迷惑を掛けた格好で……。

当の桃田は取材に、
「あの、広報の方に連絡してもらって……」
と歯切れの悪い答え。所属先のNTT東日本は、
「協会から、福島選手と自室で話をしていたことについて厳重注意を受けたことは事実です」(広報室)
と、「同室騒動」は認めつつ、「話をしていた」だけとの回答だった。10月11日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
これの何が悪いのか理解不能。
五輪のキャンプ村(スポーツ通には常識であり有すべき知識)では
10万個のコンドームが配布されてるのも知らんのか?
アスリート同士の男女間の交流まで規制することは逆に時代錯誤って気がつけや。
………………………………

(´・Д・`) 奴隷商品に恋愛の資格無し。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
もうちょい有名どころに手出せよな
知らん選手だからつまらん
………………………………

(´・Д・`) 有名でもごつかったらちょっと…。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
これが同じ施設内にいたらそりゃ連れ込むわな
https://i.imgur.com/9IM2Wt9.jpg
………………………………

(´・Д・`) スマッシュするしかないですね。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
海外で買春するよりマシじゃん
見逃してやれよ
………………………………

(´・Д・`) 金銭の受け渡しは不明。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
オリンピック選手村では避妊具無料であるらしいからいいんじゃね
………………………………

(´・Д・`) 日本代表強化合宿だから自腹だろ。


作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード50000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります


知れば知るほど厭になる韓国問題1巻正規版


 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

warabidani

Author:warabidani
日本人は団結して国難を乗り切ろう。被災地での卑劣な犯罪を絶対許すな!

カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
Google
カスタム検索
GoogleAD
カテゴリー
Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
TOTO
auctions.yahoo
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Google2


RSSフィード
楽天
Amazon2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ